fc2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ

訪問者様♪

更新通知登録ボタン

記事更新を通知します

検索フォーム

QRコード

QR

「検事プリンセス」みつばの二次小説シリーズ、最終回、「永遠のプリンセス」のあとがきです。

とうとう、最終回を蔵出ししました。

ブログで、みつばの二次小説初デビュー作品。
カップケーキ」をアップしたのが、2011年6月25日。

そして、2022年6月9日。

途中、ブログは数年間、ほぼ休止状態。

予告していてアップしていない番外編話、イヌの親友、ジェニー主役の「弁護士プリンセス」。
他、長編3部作。完結していない「MISS YOU」「ゲレンデへいこう」など。

肝心のイヌとヘリの結婚式話も。

読み切り短編も含めると、未消化のプロットが多く残されていますが、「永遠のプリンセス」は、「検事プリンセス」、みつばの二次妄想世界で決めていた、最後の話。

主人公、マ・ヘリが、検事を辞め、子供の頃から憧れていたデザイナーの道に進む、というラストシーンです。


以下、ドラマの最終回から10年後という、みつばの二次妄想世界、補足。

「永遠のプリンセス」の冒頭あらすじの通り。

(2022年の世界)

(ヘリとイヌ)

ヘリは、春川地検に。イヌは個人事務所を立ち上げ、遠距離恋愛。
その後、ヘリとイヌは結婚。
テグン(男子)、テヒ(女子)という、二人の子供。
ヘリとイヌは、結婚後、イヌが住んでいたマンションの別室(最上階の広い部屋)に引っ越しして暮らす。
第2子が生まれて、しばらくした後、新築1軒家に引っ越し。
ヘリとイヌが『出会った』時から11年後。
ヘリは、検事を辞め、デザインの勉強を始める。
数年後、オリジナルブランドを立ち上げる。

ヘリの父母、サンテとエジャ

パン屋が人気店となり、5号店が出来るまでに。
サンテに病が発覚するも、手術が成功。
ヘリ夫妻とは別居で暮らすも、孫たちを世話し可愛がる日々。

ジェニー・アン(イヌの親友)

イヌが事務所を辞めた後も、その場にとどまる。
顧問弁護士となっていた会社の副社長、ジェームス・バレンタイン(「プールへいこう」)と結婚後、渡米。
ニューヨークと韓国を行き来し、弁護士の仕事を続け、第一子を出産。
その後、4児の母(うち、1組は双子)となり、養父母と同居し、夫と家庭を支える主婦となる。

ユナ(ヘリの親友

以前から付き合っていた調理師の恋人と結婚。
ユナの夫が独立したレストランで、ヘリはイヌの誕生日パーティー(「人生最高の日」未公開話)を催した。子供は1人。
長年勤めていたブティックの支店から、のれん分けの形で独立。
新たな事業をたちあげ、オーナーとなる。


チン・ジョンソン(ヘリの先輩検事)

春川地検に異動後、ユン検事と結婚(「チン検事の結婚式」)
(「暗闇の灯」未公開話)で、ユン検事に恨みを持つ男から刺されるも、イヌとカンさん(16年前の事件の解決でイヌに協力していた人)に助けられ、一命をとりとめる。
その後、検察庁を辞め、母親とユン検事の娘と暮らす。ユン検事との間で一子(男の子)を儲ける。
2022年は、事件の被害者家族を支援する法人で働いている。



小説と補足あらすじを読んだドラマファンの方から「え~!?」という声が聞こえそうな、内容やラストシーンの二次小説かもしれません。

ただ、これが10年前のみつばが作成していた二次妄想世界です。

あの頃は、長くても3年で完結するって思っていました。
最初の勢いで更新していたら、そうだったかも。
ただ、タラレバは分かっています。

そして、どんなに足掻こうとも。途中で辞めていようとも。

自分が、10年後にこの世界を終わらせることを分かっていたのかもしれません。

まさか・・・と。過去の二次小説、そして、未公開のプロットも見直してみたのですが。

まるで10年後の自分にあてたメッセージのようなものが、沢山、二次小説の中にあることに気づきました。

未公開の長編3部作なんて。
みつばの未来で起こる出来事が題材になっていました。
倒れた母…。親しくつきあっていた人との関係の終わり。
プロット作った時には、全く予想していなかった現実。

あんなに辛い出来事も。どうやって対処したのかも。
全部、ここに答えがあった。

そして、最終回の「永遠のプリンセス」は、未来の自分にむけた最後のメッセージだった。

まるで、10年後、自分が、どういう状態になっていて、どんな決断をするか分かっていたみたいに。

笑っていいのか、泣いていいのか。

ずっと、自分の二次小説をパズルに例えていましたが。

2000ピースほどのパズルの図は、穴だらけで、埋まっていないピースがあります。
それを1000ピースでまとめ、最後のピースを埋めた二次小説シリーズ。

「完結」と言える作品では無いかもしれません。

ただ、今は、とても穏やかな気分です。

二次創作の妄想だけど、1つの世界の最後の話を更新出来て良かった。

そして、長い間、休止状態だった、このブログの二次小説に最後までつきあってくださった方がいらっしゃることを、とても嬉しく思います。

「待っていてね」と書いておきながら、他の二次小説シリーズを始めてしまったみつばを、責めなかった検プリファンの読者さま。

コメントやメッセージで、ドラマや中の人たちや、他国の言語や文化のこと。
沢山、教えていただきました。

みつばが、初めてブログで二次創作した「検事プリンセス」のファンのブログ読者様は、いい人ばかりだったと今でも思っています。

だから、ここまで、続けられたのだと思います。
感謝してもしきれません。

もういらしていない方に届かないかもしれませんが、ここに記しておきます。

ありがとうございました!!


(お知らせ)

「永遠のプリンセス」で検事プリンセスの二次妄想は終わります。

しかし、もう1つ、「最終話」というのが残されています。
これも、ブログの雑記でいつか語っていた通り。

イヌとヘリの、本当の最後の話となります。

それは、みつばが「みつばのたまて箱」を閉じるとき。
もう、検事プリンセスの二次小説を書かないと決めた時にアップすると公言していました。

これは【みつばの鍵箱】で更新する予定です。

【鍵箱】とは、見たまま。暗証番号を入れないと読めない限定記事になります。

ただ、読者さんに【鍵】は配付しません。
このブログの中で鍵つきで入れていて、いつか、みつばのタイミングで開けにきます。

この話をアップしたら、みつばの中で、検プリ世界が本当に終わりになりそうなので。
まだ、もう少し、存在させてください。

「検プリ」ファンの読者様に、最後の最後まで甘えてしまっていますが。

「いいよ。ここまで来たら、最後まで我儘に付き合うよ~っ」て言ってくださる方は、
本当の最終話公開まで、見守ってください。よろしくお願いします。

(現在、拍手コメント、メッセージ機能を停止しています。
コメント記入についての説明は、こちらから。(2022年6月20日までは、期間限定で、コメント欄内でお返事しています)詳しくは、「お知らせ」をご覧ください。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

web拍手 by FC2
// ホーム //