fc2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ

訪問者様♪

更新通知登録ボタン

記事更新を通知します

検索フォーム

QRコード

QR

韓国ドラマ「検事プリンセス」の二次小説「告白」です。

みつばの「検事プリンセス」の他の二次小説のお話、コメント記入は、
検事プリンセス二次小説INDEX2」ページからどうぞ。

このブログに初めていらした方、このブログを読む時の注意点は「お願い」を一読してください。

※この二次小説は、時系列では、「高く飛ぶ君へ」の後。二次小説第2シーズン「最高の日(未公開二次小説」の後、「Halloween Night」 「聖夜の誓い」の前の話になります。


(これまでのあらすじ)

春川地検に異動になったヘリは、恋人、イヌと同じマンションを出て、春川で一人暮らしをしていた。
一方、勤めていた弁護士事務所を辞め、独立し、新たな事務所を立ち上げたイヌ。
二人が、遠距離恋愛になって数か月後。
ヘリの父親、マ・サンテの病が発覚するも、手術は成功し順調に回復する。




告白



―――マ・サンテ。

ヘリは、入口のプレートにそう書かれた部屋の扉をノックした。

「はい」

中からしっかりとした声が返ってきた。

「パパ」

サンテは、入ってきたヘリを見ると、
寝台の上で半身を起こし、読んでいた新聞をたたんだ。

「ヘリ。どうした?
明後日には予定通り退院だ。仕事が忙しいだろうに、わざわざ見舞いに来なくても良かったんだぞ」

そう言いながらも、サンテは嬉しそうに口を綻ばせていた。

「昨夜からソウルに来ていたの。
それで、これから春川に戻るから、その前にパパの顔を見ておきたくて」

「そうか」

頷いたサンテには分かっていた。

ヘリは、恋人の誕生日を祝う為に、昨日、春川からソウルに来ていた。
そして、昨夜は、そのまま、その恋人の部屋に泊まったのだろう・・・。

そこまで想像したサンテは、おもむろに咳払いし、
ヘリに、ベッド脇に置かれていた椅子をすすめた。

「パパは退院したら、しばらく家で療養するでしょ?
私も次の週末には実家に帰るから、パパの快気祝いをしましょう。
ママにその事を伝えたら、はりきっていたわ」

「ああ、エジャのはりきりは、私の祝いというより、娘が帰ってくるからだろう」

「パパ、どうして、そんな拗ねた口ぶりで言うの?」

「拗ねていない」

「ママがどれだけ、パパのことで心配していたと思うの?
パパを心配させないように、気丈に振舞っていたけど、本当はとっても動揺していたわ。『パパに万一のことがあったら、私は生きていけない』とまで言っていたのよ」

「本当か?」

「ええ。言っていたのは本当よ。ケーキを5個も食べながらね」

「ケーキを5個……」

「知ってるでしょ?ママは、ストレスがたまると、甘い物を沢山食べてしまう人だって。きっと、とても不安だったのよ」

「うん。…まぁ。そうだな」

サンテは、気まずげにヘリから目をそらせると、病室を見回した。

「しかし。何もこんな豪華な個室にしなくても良かったのに。贅沢すぎて勿体ない」

「今まで頑張ってきたパパに、ゆっくり休んで欲しいって、ママは考えたのよ。私もそう思うもの。それにしても……」

ヘリが、面白そうにクスっと笑った。

「昔のパパは、人間ドッグの検査入院の時でさえ、一番上等な個室じゃないと嫌だと言い張っていたのに。今は、贅沢過ぎて勿体ないだなんて」

「人は、環境に応じて変化できると、前にも話しただろう」

「そうね。私もそうよ」

クスクスと笑いながらヘリが言った。

「今住んでいるマンションの部屋。以前の私だったら、狭くて嫌とか言っていたと思うの。でも、すっごく快適だし、ちょうどいいわ」

「そうか。ヘリが元気に過ごしているなら、いいんだ。
だが、何か困ったことがあるなら、いつでも相談するんだぞ。
生活費が足りないと感じたら、遠慮なく言いなさい。
贅沢な物でなくとも、必要最低限な物は買わないとな」

「はい。あの…パパ。話したいことがあるの」

「どうした?」

急に声色の変わったヘリの様子に、サンテが背筋を伸ばした。

笑みをおさめ、顔も真剣になったヘリに、
サンテは、気を引き締め、息をひそめた。

「あのね」

ヘリが。コクリと息をのんで言った。


「私、イヌと結婚するわ」


一瞬、病室の中が静かになった。

だが、すぐに、サンテが「そうか」と答えた。

短い言葉だったが、了承したようなサンテにヘリが目を瞬きした。

「そうかって?どういう意味、パパ?」

「わかった、ということだ」

「わかった、というのは、私たちの結婚を許すという意味?」

「そうだ」

あっさりと答えたサンテに、ヘリは、しばし言葉を失った。

「どうした?ヘリ。なぜ、そんな顔をする」

「だって。今のは、パパの本心なのかな?って思っちゃって」

「駄目だと言えばよかったか?」

「ううん」

ヘリは、慌てて首を横に振ると、
まだ信じられないという顔で、サンテをまじまじと見つめた。

サンテは軽い溜息をつくと、「ソ・イヌから、プロポーズされたんだな?」と聞いた。

「ええ」

ヘリは、コクリと頷いた。

「もしかして。パパは、私がプロポーズされたこと、知っていたの?」

サンテの落ち着いた雰囲気から、ヘリは直感で悟った。

「ああ。数日前に彼が来て、お前にプロポーズすると言った」

「ええっ!?」

驚いたヘリに、サンテは苦笑を浮かべた。

「聞いていないか?」

「彼がパパのところに来たことも、
そんな話をしたことも聞いていないわ」

「彼は策士だからな」

サンテが面白くなさそうに言った。

「本丸より先に外堀を埋めておいたのだろう」

「彼は、パパに何と話したの?」

「『娘さんにプロポーズします』と。
あれは、承諾をもらいに来たんじゃない。宣言だ」

むすっと、眉をしかめながら話していたが、
サンテが内心では怒っていないことはヘリにも分かっていた。

「彼、パパのことを、ずっと気遣っていたわ。
病気が分かった時も。手術が決まった時も。
手術が成功したと話した時も。だから、本心からお見舞いに来たのよ」

「お前の父親だからな」

「うん……」

そこで会話がとまった。

サンテが、チラリと、サイドテーブルの上に置かれた花を見やった。

黄色のフリージアの花。

イヌが来た時に持って来た花だった。

フリージアを見つめているうちに、サンテの中で、ある決心が固まった。

「ヘリ、お前に、言っておきたいことがある」

「何?」

キョトンとなったヘリに、サンテは、「2年前にした、ソ・イヌとの約束のことだ」と続けた。

「16年前の事件の真相をソ・イヌに尋ねられていた時。
私は、ソ・イヌに約束させた。
過去の事件の事を話すかわりに、ヘリと永遠に別れろ、2度と会うなと。
それも、彼の父の名にかけて誓わせた」

「!」

「ずっとお前に、隠していた」


「ソ・イヌから何も聞いてないようだな」

ヘリが黙って頷いた。

サンテは、深い吐息をつくと話を続けた。

「あの時、私は誤解していた。ソ・イヌのことを。
ソ・イヌが、過去の事件の復讐のために、お前を利用しているのだと思っていた。
仮に本気の想いがそこにあったとしても、こんな境遇の二人が一緒になることは難しいと思った。ヘリ、私は、お前が傷つくところを見たくなかったんだ」

「パパ……」

何か言おうとしたヘリを手で制して、サンテが「最後まで聞いて欲しい」と言った。

「だから、ソ・イヌが、あの後、お前から離れたのは、私との約束のためだ。1年もの間、思い合っているお前たち二人を引き裂いてしまった。私があんな約束さえしなければ、お前たち二人は、苦しい思いをすることは無く、もっと早く、こうなっていただろう」

サンテは、手術痕の痛みではなく、
心の呵責に苛まれているかのように、胸に手をあてていた。

「すまない」

サンテが、うなだれるように、ヘリに頭を下げた。

過去の事件が解決し、落ち着いた後。

サンテの会社が倒産し、ヘリたち家族が住んでいた家を出なければならなくなった時も。
サンテが心苦しそうに、小さく呟いていたが、今は、はっきりと口にしていた。


「パパ、もういいの」

ヘリの声にサンテが頭を上げた。

ヘリは、落ち着いた表情でサンテを見つめていた。

「パパと彼で、そんな話をしていたことは知らなかった。
彼は、約束を絶対守る人だから。
でも、そんな彼が帰国した後、私に突然会いに来たのは、パパとの間で、その約束が無くなったからなんでしょう?」

「ああ」

「たぶん、イヌは、その事で苦しんだと思う。それは想像できるの。
そして、パパも。パパも、イヌと約束したことを後悔していたんだって思う。違う?」

「違くはない。後悔した。彼と別れたお前の姿をそばで見ていたからな。
しかし、前向きなお前のことだ。いつか、忘れると考えていた。だが、違った。
その事に、真に気づいたのは、エジャの言葉でだったがな。私は、ただ、お前に幸せになって欲しかったんだ」

「パパ、私、とても幸せよ」

ヘリが言った。

「自分を一番に考えてくれる両親に愛されて。
一番好きになった人にプロポーズされた。
そして、パパの体も無事だった。今、最高に幸せな気分」

「そうか」

サンテは心からの言葉をつぶやくと、
潤んだ目を隠すように、眼鏡を手で押し上げた。

ヘリの純粋な笑顔に、サンテの心を重くしめていたものが消えた。

以前、『ヘリには言うな』と話したサンテとの約束を、イヌは守っていた。
そのことも知れた。

「ヘリ。良かったな」

…ソ・イヌにプロポーズされて。

一番好きな人のお嫁さんになること。
それが、お前の一番の夢だったから。


「うん」

ヘリは、サンテに輝くような笑顔を見せた。

それは、まぎれもなく、娘のヘリだったが、
一人の成熟した大人の女性が見せる顔だった。


サンテは、ヘリが病室を去った後、
ぼんやりと窓辺を見ながら、イヌが病室を訪ねた時のことを思い出した。


黄色のフリージアを活けた花瓶を手に病室を訪れたイヌは、
「おかげん、いかがですか?」と固い表情でサンテに尋ねていた。

「悪くは無い」

…だが、病み上がりに、娘の交際相手に会うのは正直、心臓に悪い。

サンテは、扉の前で佇んでいるイヌを手招きしながらも、心の中で思った。

サンテの比喩表現は、イヌが『ヘリにプロポーズします』と告げた時、本当になりかけた。

もし、自分が元気な状態だったら、勢いで一発殴っていたかもしれない。
そう思ったサンテだったが、きっと、健康な状態でも、殴りまではしなかっただろう。

そんなサンテの動揺を無視して、イヌは、淡々と話を続けた。

「もし、ヘリが承諾してくれたら、結婚させてください」

…この男は、いつも、どうして、こう不意打ちなのだろう。

サンテは、心の中で舌打ちした。

しかし、手術後、病ごと、毒気も抜かれていたのか。

不思議と腹が立たない自分にも呆れながら、サンテは「娘の気持ちを優先する」と答えた。

「ヘリがいいと言うなら」

「はい」

…神妙な顔で頷いているが、この男は、高い確率でヘリの答えがイエスだと分かっているのだろう。
そうでなければ、娘より先に親に承諾を得るような真似はするまい。

・・・いや。彼は、ソ・イヌだ。
一番やっかいな男親を篭絡させて、事を運びやすくしにきたのか。

サンテは、油断ならない娘の恋人の顔をジロジロと眺めた。

「君の体調は大丈夫なのか?この前、倒れたらしいじゃないか」

おもむろに尋ねたサンテに、今度はイヌの方が、ふいをつかれたようだった。

「平気です。今は何ともありません」

「独立したばかりで仕事が忙しいのだろう。
それで、結婚して生活していけるのか?」

娘の気持ちを優先すると言っておきながら、やはり、結婚後のことを心配したサンテだった。

「健康も収入も問題ありません。
もし、彼女が今の仕事を辞めても、養っていく自信はあります」

ジッと挑むようなイヌの目に、サンテも負けじと見つめ返した。

「ならいい。だが、もし、君の言葉に偽りがあると分かったとき。
ヘリを悲しませるような真似をしたとき。私は、君を許さないからな」

「はい」

「それと…」

サンテが声を落とした。

「君に、言っておきたいことがある」

「なんでしょう?」

「以前、私が、君に言ったことだ。
ドングンは君のような息子がもてて、幸せだと。
あれは、本心だ。私は心からそう思っている」

「……」

黙ったまま見つめるイヌに、サンテは続けた。

「あの時、私は、君のことを父親に似ていないとも言った。
だが、間違っていた。今の君は、私が知っているドングンにそっくりだ。
彼は、他者を思いやる、とても優しい男だった。
私に息子がいたら、君のように育てたかった」

まるで、遺言のような台詞。

イヌは、サンテの告白に、そっと目を伏せた。

そして、ゆっくりと瞼を開けると、

「ありがとうございます」と言った。

「お大事に」

そう言い残し、ソ・イヌは、来た時と同じように、静かに病室を去っていった。


―――あの後。

ソ・イヌはヘリにプロポーズし、ヘリもそれを受けたのだろう。

サンテは、病室の窓の景色から、花瓶にいけられたフリージアの花に目を落とした。

20年前。

会社を大きくすることに邁進していたサンテが体調を崩し、寝込んだ時があった。

その時、部下だったイヌの父親、ソ・ドングンも、フリージアの花を持ってサンテの見舞いに訪れていた。

『会社の雑務は私に任せて、あなたは、ゆっくり休んでください』

ソ・ドングンは、にっこりとした笑顔をサンテに向けて言った。


―――あんなに、心根のいい男に、私は何という仕打ちをしたのだろう。

…保身のために、己がおかした罪を着せ、君と君の家族を苦しめた。許してくれ。ドングン。

サンテは、過去を回顧しながら、辛そうに目を細めた。
そして、フリージアに囁いた。

「私は、まだしばらく生きて、結婚する君の息子と私の娘を見守ることにする。
いつか、君に会えることがあったら謝罪したい。
そして、子らの話を君としたい」

『そうですね。課長。
私たちの愛する息子と娘の幸せな未来を、一緒に見守っていきましょう』


まるで、優しく微笑むソ・ドングンのように。

フリージアの花が、サンテの前で小さく揺れていた。


(終わり)


(「告白」 最終保存日 2014年7月 2022年6月、加筆修正版)



【あとがきとお知らせ】

この記事で、書いていた「告白」というタイトルの二次小説です。

10年前にすでに予告していながら、アップできずにいたもの。

イヌがヘリにプロポーズして、婚約する。
その報告をイヌが入院していたサンテにする、という話です。

これで、10年前、「最終回まで、二次小説は、未来の話までプロットはできています」と書いていた証明がようやくできました。
未公開の二次小説が、まだ沢山ありますけど、過去の作品にいれた大きめの伏線を拾って、話は繋がったと思います。

「告白」というタイトルだけど、甘い話ではないですよ~。って説明していた意味。
「告白」したのは、ヘリの父サンテだから(苦笑)

ドラマ中、サンテがイヌに約束した話を、イヌは、ヘリと恋人になってからもしていないと思う。
だから、二次小説「聖夜の祈り」でも、イヌは、ヘリに言わなかった。
イヌは、サンテと約束したことを激しく後悔していましたが、サンテもそうだったのかもと。
そして、自分が約束させなければ、二人はもっと早く結ばれたのでは?と。

でも、二人には時間と距離が必要だったように感じてしまいます。
あのまま一緒にいられても、辛いだけだったかも。
1年離れても、やっぱり想いあっていると分かるラストシーンが、素敵なドラマでした。

次の「検プリ」記事では、いよいよ、二次小説最終回の話を蔵出し予定です。
時間が飛び飛びになっていますが、シーズン3。(ヘリとイヌは夫婦)のラストストーリー。

未公開の二次小説の話は、あらすじで補足書きします。

「検事プリンセス」が好きだった方。

もし、ブログにいらしていたら、10年前から予告していた、ドラマ最終回からの10年後。
みつばの二次的妄想世界の最後の物語を、どうか見届けてください。

ブログへのご訪問、ありがとうございました。

(現在、拍手コメント、メッセージ機能を停止しています。
コメント記入についての説明は、こちらから。(2022年6月20日までは、期間限定で、コメント欄内でお返事しています)詳しくは、「お知らせ」をご覧ください。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

web拍手 by FC2
// ホーム //