fc2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ

訪問者様♪

更新通知登録ボタン

記事更新を通知します

検索フォーム

QRコード

QR

「みつばのたまて箱」二次小説封印式-第2弾

韓国ドラマ「キング~Two Hearts」




「キング~Two Hearts」二次小説INDEX
「キング~Two Hearts」カテゴリ。

※みつばの二次小説は、ジェハ王子(後の国王)の妹、ジェシン皇女と、近衛中隊長、シギョン中心の物語です。


(おわび)過去、次回作の予告をほのめかしていながら。
「蔵」に保存していた、ネタとプロット、書きかけの二次小説を封印(無期限未公開)とさせていただきます。

二次小説の続きが読みたいというコメントを頂いたこともあったので、ご報告させていただきます。ごめんなさい!


(以下、ドラマのネタバレを含んだ雑記なので、未視聴の方はご注意ください)


ドラマ公式では、命を失ったという設定のキャラクターを、実は生きていた。と二次的妄想で創作をしています。

みつばは、ドラマで主役を演じられていた役者さん、女優さんが好きだったので、お二人を目当てに見たのですが、もう一組の男女の恋愛模様も切なくて。
そして、その役者さん、女優さんの演技も、すばらしくて。

シギョンとジェシン。二人のラストシーン後の世界を妄想しました。

みつばは、二人が結ばれるラストを夢みていたのです。

未公開の二次小説のプロットが、あと、3話ありました。

しかし、みつばは、テレビ放送を流し見していて、突発的に二次創作したので、世界観とか、名称の認識があやふやでした。

そして、このドラマの世界は、ファンタジー設定とはいえ、政治的なこともテーマの1つだったので、二次創作といえども、そのあたりに気を使っていました。

後にドラマのDVDは購入していたのですが。
しっかり映像を見直してから創作しなくては。と気負っているうちに、続きが書けない状態になっていました。

二次創作なのだから、二人が再会して、つきあって、それで結婚して結ばれる♪というサラリとハッピーエンドの物語にすればいいものを。

二人が再会した後、試練が、1つ、2つと、待ち受ける、みつばの二次的妄想世界(汗)。

もちろん、最終的には、ハッピーエンドなのですが、(そうでなければ、二次創作した意味が無い)それまでの過程が、少々シリアスです。

二次小説では、二人が本当に結ばれる前に、乗り越える壁や障害がでてきたりします。

そんな中で、愛を深めていく、シギョンとジェシン。
そして、二人を見守りながら、助ける、家族と仲間達との絆。

・・・を描いていきたかった二次小説シリーズでした。

頭の中の映像もプロットも消えていないので、みつばは、目を閉じると、今でも二次的妄想のドラマを見ることができます。

ただ、これは、過去に見た妄想映像の記憶でしか無い。
自動筆記できるほどの、リアルな映像は浮かばなくなっています。

残念ですが、今のみつば自身が、これを形にするには、プロットを元に構成するので、かなりの時間と労力が必要のようです。

二次妄想でも、ドラマ好きな、他の方と共有したかった。

そんな気持ちで、生きている限り、遅くなろうともプロットを形にしたいという想いもあったのですが、ひとまず、自分の中で二次創作活動を縮小し、区切りをつける為にも、このジャンルの二次小説を打ち切りにします。

ブログで公開している二次小説の続き。
雑記でも、幾度か予告をだしていた「片靴のシンデレラ」(未公開)。

せめて、あらすじを少し紹介させてください。


(未公開小説、あらすじ)

結婚を前提に付き合いはじめたウン・シギョンとイ・ジェシン。
兄、イ・ジェハと、兄嫁、キム・ハンアも、彼らを応援。

しかし、なぜか、シギョンの父、ウン・ギュテが、二人の結婚に反対する。
さらに、シギョンが知らずにいた、過去に親同士が決めた婚約者の存在があきらかに。

味方だと思っていたウン・ギュテが、二人の結婚に反対する意味とは。
そして、シギョンとジェシン、二人の恋の行方は?



(以下。書きかけの二次小説から、二人の会話シーンを一部抜粋)


「片靴のシンデレラ」


「私は、シギョンさんが、生きていてくれれば、それで十分だと思ってた。
そばにいてくれるなら、もう何もいらないと。
でも、だんだん、シギョンさんに、ああして欲しい。
シギョンさんとこうしたいって。欲求が贅沢になっていく。
私は、やっぱり我儘皇女ね」

「贅沢になってください。私のことに関しては」

シギョンが言った。

「あなたが、私にそう思ってくれることが嬉しい。
だから、そうしてください。」

「シギョンさん…」

「ジェシン。私の我儘を1つ聞いていただけませんか?」

「ええ。私に出来ることなら、何でも」

シギョンが、ジェシンの前で膝を折った。
そして、ジェシンを見上げ、膝の上にあった手を両手で握った。

「私に指輪をください」

「え?」

「以前、私は、『指輪は必要無い』とあなたに言いました。
でも、今は欲しいのです。

私の心は、あなただけのものだと。
そう、他の者達に、示せる証を頂きたい。

私がそう望んでいることも、周囲に知らしめたい。
そして、あなたにも、確信しておいてほしいからです」

―――私の心は、永遠にあなたのものだと。


(二次小説「片靴のシンデレラ」より)


この二次小説封印式に捧げる花。

ノースポール

今年、家の庭でみつばが育てていた「ノースポール」の花を撮った写真。

なんとなく、シギョンとジェシンに似合うと思って選び、
とりあえず、「みつばのたまて箱」節で(笑)、花言葉を調べてみました。

そうしたら、「誠実、高潔」ですって!!
シギョンというキャラクターにぴったり!の花言葉でした♪


シギョンとジェシン。
それから、もちろん、ドラマの主役ジェハとハンアの幸せを、祈りながら。

「キング~Two Hearts」の二次的妄想世界は、「みつばのたまて箱」の「蔵」の中で、封印させていただきます。

これまで一緒に楽しんでくださった、「キング~Two Hearts」ドラマファンの読者さま。
ブログと二次小説応援、ありがとうございました!!!


(現在、ブログの拍手コメント、メッセージ機能は停止しています。
コメント記入についての説明は、こちらから。(2022年6月20日までは、期間限定で、コメント欄内でお返事しています)詳しくは、「お知らせ」をご覧ください。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

web拍手 by FC2
// ホーム //