fc2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様♪

更新通知登録ボタン

記事更新を通知します

検索フォーム

リンク
QRコード

QR

アニメ「魔道祖師」、今、動画配信で公開されているものは、字幕も、英語などの他言語なので、日本語翻訳(日本上陸)したら見ようと思われている方もいらっしゃるかもしれません。


ただ、日本放送では、コラボしたCMアニメは、おそらく見られないと思われるので、「魔道祖師」の忘羨シーンが、どれも見たい♪と思われる方には、コラボCMも見られる、現在、YouTube公式動画配信中(無料)のアニメは、おすすめです。

今までも、アニメには、アイス、飲み物等のコラボCMがあったのですが、今回「完結編」で出てきているジュースのCMも良いです♪



【静室、ジュース編】


静室で、何やら書き物をしている藍忘機。
その傍で、魏無羨は、うろうろとし、ふと書棚にある冊子に目を留める。

魏無羨は、そこから、昔、蔵書閣で自分が描いた藍忘機の絵を見つける。

「もとから、俺のこと好きだったんだ~」と、藍忘機をからかうように絵を見せる魏無羨に、藍忘機は、すっと、ストローつきのジュースを差し出す。

耳を真っ赤にして目をそらしている藍忘機。(めちゃくちゃ照れた藍忘機がかわいい♪)

「あはは♪」と笑って、ジュースを飲む魏無羨。

そして、ジュースの宣伝文句を言う魏無羨。

照れたように離れていく藍忘機。たゆたう香の煙~。


・・・・・・というCMアニメです。


そういや、あの絵どこいった?の謎がこのコラボCMで明らかになりました。

見つけ方とか、からかい方が、「魔道祖師」の魏無羨って感じです。
みつばのブログの二次小説(二次的妄想世界)では、別の形で魏無羨に見つかってます(笑)


ちなみに、藍忘機が大切に保管していた魏無羨の絵のことについて書いた、みつばの二次小説はこちら。

新年快乐

他、「逆立ち兎の恋」、「暗翳の灯」




それにしても、CMの台詞。

やっぱり、コラボCMは、今回も攻めてます!
魏無羨もはっきり聞いちゃってますよ。「俺のこと、もとから好きだったんだ」って。

…ってことは、「今も好き」は確定な関係になっているってこと♪


みつばは、おもわずCMアニメの続きを妄想しちゃいましたよ。




(以下、コラボCMアニメの続き妄想)


果汁の誘惑


魏無羨が果汁を飲んでいる間に
足早に静室から出ていこうとしている藍忘機に魏無羨が気づいた。

魏無羨は、果汁の容器をポイっとほおり投げると、藍忘機に駆け寄った。

「待ってよ」と言っても、藍忘機は足を止めない。

後ろからでも分かるほど、真っ赤になっている藍忘機の両耳を見て魏無羨はほくそ笑んだ。

「藍湛!」

魏無羨は、藍忘機の背に飛びつくと、後ろから歩みを抱きとめた。

「果汁で誤魔化そうたって、そうはいかないからな」

すでに全部飲み切っておいて言うことでは無かったが、確かに足止めにはならなかった。

「果汁も美味しかったけど、俺、まだおやつが足りない」

にやつきながら魏無羨が言った。

「床下の倉庫に買い置きの天子笑がある」

「今、果汁を飲んだから、酒は夜にする」

前を向いたままの藍忘機の赤い耳に、魏無羨が唇を寄せた。

「俺、果汁も酒も好きだけど、もっと好きなものがある。今はそれが欲しい」

甘く囁く魏無羨の声に、藍忘機の耳がさらに赤く染まった。

「それも夜に」

精一杯、淡泊な声で答えたような藍忘機に、魏無羨がクスクスと笑った。
そして、藍忘機を背後から抱きしめていた手をゆっくりと下方におろしていった。

「藍湛が正直に答えてくれるなら、そうする。
藍湛は、俺のこと、昔から好きだった?」

魏無羨には、もう、藍忘機の答えは分かっていた。
だが、あえて意地悪く問う魏無羨に、藍忘機は、羞恥に耐えるように目を閉じていた。

「藍二哥哥?」

魏無羨の声も手も。
背に密着した熱い体も。

すべてが、藍忘機を誘っている。


藍忘機は、自分をまさぐっている魏無羨の手を握ると、振り返った。

そして、期待に満ちた眼差しを向けている男を見つめた。

嘘はいえない。
何より、自分の心を誤魔化すことなど出来ない。

藍忘機は、心の声を口に出さず、行動で示した。

藍忘機に正面から抱きしめられ、口づけを受けた後、
魏無羨は、またクスクスと笑った。


「藍湛も果汁の味がする」

「……」

無言で魏無羨を見つめ返す藍忘機の瞳の奥に、甘い欲望の火がチラついている。

そのことに気づきながらも、魏無羨は、また意地悪く聞いた。

「藍湛、俺があの絵を描いた頃も、俺とこうしたかった?」


藍忘機は、無言のまま、魏無羨の体を静室の床の上に優しく押し倒した。

そして、言葉以上の答えを与える為に、魏無羨の体を愛撫し、
まだ果汁の味が残っている彼の口を塞いだのだった。




(了)




・・・・・・・。


はっ!!手が勝手に、二次的妄想書いてる!!

しかも、CM小説みたいになってる!

10分ほど記憶ない。
寄●獣あたりに手か脳を乗っ取られてたのかも!?(苦笑)




(注)萌えるあまり、突発的に二次創作しちゃいましたが、
現在、管理人は、二次小説活動を自粛中です。

ブログの「陳情令(魔道祖師)」の二次小説読みの方は、更新再開まで、まだ少しお待ちください。


(追伸)「陳情令」も、今は、いろんな有料動画配信サイトでも、全話、無料見放題で見られるようですね♪みつばが契約しているところも、現在見放題です。(期間中なら)好きな時に見られるのが良い♪アニメ「魔道祖師」見の方も、ご興味あればぜひ。ドラマ版にはまると、ますます「忘羨」沼落ちです♪

コメント記入に関してのお知らせはこちらから。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:二次創作(BL) - ジャンル:小説・文学

web拍手 by FC2
// ホーム //