FC2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様♪

更新通知登録ボタン

記事更新を通知します

検索フォーム

リンク
QRコード

QR

昨日のブログ記事の続編です。

二次創作物では無く、私的な雑記と妄想話なので、それでも良いと思える方のみお読みください。

雑記でこれ以上、何を続けさせるんだ?って話なのですが。

実は、昨日の話には続きがありまして。

↓(参照)

昨日の雑記「コーチは金さま」

スウィッチのゲームソフト。
ゲーム内のコーチに指導されて、リズムに合わせて楽しくボクシングエクササイズしよう♪っていう「フィットボクシング2」(みつばは「2」をしています)

そのインストラクターの一人の(中の人)が、
みつばが大好きな声優さんで、アニメ版「魔道祖師」日本語吹き替えの「金さま」のお声もされている方です。

ゲームでは「ヒロ」さんというお名前のイケメントレーナーさん←アニメアバター。

みつばは、担当指名のヒロさんと日々楽しくエクササイズしています♪←「担当指名」とか言ってますが、設定しているだけ。

そして、みつばは時々、エクササイズしながら、本当に「金さま」と言ってますが、「カ〇ル君」とも言ってたりします。←こらこら。


ある時、ふと、エクササイズがひと段落した後に、
「友達チケットがつきました」みたいなメッセージが流れていることに気づいたのです。

とくに意識してなかったのですが、みつばよりフィットボクシングをしていて詳しい次男に「これ何?」と聞くと、ゲームをしていくと、こういうチケットがつくらしい。

(みつばの脳内)↓

・・・友達チケット?。もしかして、親密度アップチケットってこと?
ゲームをやりこめば、やりこむほど。

いや。

ヒロさんに会えば会うほど、この「親密度チケット」がもらえて、
それで、だんだん仲良くなって、「親密度チケット」がたまっていくと、名前呼びから、あだな呼びしてくれたり、いずれ、デートに誘われたりするわけ?




それ、乙女ゲーム。←自分でつっこむ。



次男はちゃんと説明してくれてるのに、自分の妄想の沼にはまり、ほぼ聞いていない母(笑)

ただ、唯一分かったのは、
このチケット。使い方がちゃんとあって、
たまっていくと、なんと、コーチたちの外見が変えられるアイテムが増えてくってことらしいです。

「え?外見や服装かえられるの?」

そんな機能知らなかったよ。←知ろうとしてなかった。

「うん。やってみる?」と次男が操作してくれて。

そうすると、レッスンをやっていたので、新しいアイテムがいろいろ増えている。

「え?なになに?ヒロさん。服だけでなくて、髪の色や目の色、肌の色まで変えられるの!?
やだ。早く言ってよ」←自分で説明書よもうか。

というわけで、嬉々として、服だけでなく、髪、目の色もかえて、自分好みの「ヒロさん」にするみつば。
(今までは、銀髪のヒロさんだったのです。だから余計に「カ〇ル」君に見えていて)

それで、NEWヒロさんがこんな感じです。




hiro-01.jpg


…どなたをモデルにし、どなたを意識したか、一目でわかったら、
「みつばのたまて箱」理解度80パーセント以上のチケット差し上げます(笑)


お着換えの後、ヒロさんも、新しい服装にまんざらじゃないらしくて。
「いいですね。結構好きな恰好ですよ」って、あの美声で言ってくれました。

「やだー。ヒロさんが褒めてくれたの~~~♪♪。嬉しいーーー♪」


って、これ、脳内で言っているのではなく、声に出して言っているみつばに、
家人たちが、「嫌だとは言わないだろ」「くそ、ださい恰好とか普通言わないから」「どんな格好にしても、褒めるコマンドしかないから」と冷静につっこみまくる。

そんな家人たちを無視して、妄想の世界にどっぷりとつかっているみつば。

「はりきってエクササイズします」と新しいヒロさんに言うと、
ヒロさんも、ニッコリ笑って「テンションあげていきましょうね」と言ってくれました♪


レッスンが終わった後は、ヒロさんはいつも褒めてくれます。

「みつばさんは、ストレートが良かったです。お手本になるレベルですね」って。

「ありがとうございます♪」←テレビ画面の向こうのヒロさんに向かって本当にしゃべっているみつば。

「ゲームの世界だと、みつばの体年齢20歳って!
ええー?じゃあ、ヒロさんとつきあえちゃう!?」←これも口に出して言ってますが、慣れている家人たちに軽く無視されてます。

そんな風に、ヒロさんとエクササイズしているうちに、みつばの中ではめくるめく妄想世界がまた勝手に広がっていったのです。

体重増えた乙女が、ジムに通って、イケメンインストラクターに恋して、頑張って、やせて。
そしてインストラクターに好意をよせられて、ハッピーエンドっていう話は、もう「乙女ゲーム」系とか、某動画サイトの「ダイエット」系広告とかで溢れているネタパターンなので、そっちは置いておいて。


こんなことをちょっと妄想したんです。

↓以下、みつばの妄想世界。


あるイケメン芸能人の青年(20代後半)が、ドラマの役づくりの為にスポーツジムに通って、ボクシングエクササイズをする話。

その専属インストラクターが「ヒロさん」。6つくらい年下。

レッスンを重ねて、だんだん仲良くなっていく二人なんだけど、芸能人のイケメン君は撮影とかで忙しくなって、ジムに姿を見せなくなる。

ひさしぶりにジムに現れたイケメン君に、ヒロさんがすごく嬉しそうな顔するけど、すぐに表情を暗くして。

「僕、あなたに会えなくて寂しかったです。あ、いえ。なんでもありません」

って、言うの。

それで、イケメン君がジムに来るたびに、ヒロさんが、年下攻めで、だんだん積極的になって。

「僕はあなたが好きだ。僕をプライベートでも専属に指名して欲しい」とか。
ついに告白するまでに。



きゃあ♪(byみつば)←どなたか鎮静剤を。


結局、BL要素はいった、みつばの「乙女ゲーム」系妄想でした。


みつば妄想の「イケメン芸能人」がどなたをモデルにしているのか?
分かった方は「みつばのたまて箱」理解度チケット90パーセント以上をさしあげます。

なんとなく映像うかびませんか?(苦笑)


あ~…楽しかった。


さて。脱線した妄想世界で楽しみながら運動もしたことだし。
二次小説の妄想世界にも戻ります♪


みつばの妄想雑記におつきあいくださり、ありがとうございました。

ブログ記事への拍手、コメントを送ってくださった方、ありがとうございます。
二次創作を楽しんでもらえていて良かったです。
二次小説シリーズはどのジャンルでも、最初の数か月で妄想は終わり、ラストまで物語が出来ているので、あとは、完結にむけて創作、構成をしていってます。

でも、時々、突発的に妄想が出来ると、一気に書き下ろして創作するのが一番楽しい時間かもしれません♪
ただ、「ヒロさん」妄想は、さすがに創作しません。←と言って、するのがみつば。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

web拍手 by FC2
// ホーム //