FC2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

みつばの裏箱小説「我陪你-そばにいるよ-(後編)」、dd×ggの、dd視点の小説です。
裏箱記事は、予約投稿が出来ないため、この記事の前にご覧になった方もいるかもしれません。

dd×gg小説の説明は、裏箱小説の中にもあります。

※創作物は全くのフィクションであり、現実ではありません。

通常裏箱では、最新記事「我陪你-そばにいるよ-(後編)」は前編、中編の次のページにあります。
「もっと送る」ボタンを押すと、次ページに進むようになっています。
※裏箱は表の記事保存と仕様が異なる為、最新ページでも連作小説の場合、続きは、後ページに更新されます。

裏箱の説明はこちらから。

初めていらした方は、「みつばのたまて箱からのお願い」も一読ください。

今回の表記事についている「裏箱」入口では、登録の全記事が見られます。

「陳情令B」裏箱専用ページからは、裏箱の中に、そのタイトルの小説しか入っていません。

「陳情令B」裏箱専用ページの二次小説INDEXはこちらから

(EX)「俺は君の」の小説だけ読める裏箱が設置された記事。


dd×gg小説のあとがきは、また後日に。


(重要なお願い)

dd×gg、bjyx、という言葉が分からない方で、ドラマのキャラクターの二次創作は大丈夫でも、リアル妄想はちょっと、という方や中の人の純粋なファンの方、BLに拒否反応がある方は、裏箱入室をご遠慮ください。
また、空想の産物を信じ込んでしまう方も、読むのをおやめください。

お名前をお借りしてますが、これは、あくまでみつばの妄想小説です。
そのあたりの御理解ある方のみ、裏箱をご覧になってください。


【拍手コメントレス的雑記】

・TLあるある。わかります!「私なんて…」と言っている漫画やドラマの主人公は、たいてい可愛い。リアルにそういうキャラがいたら周囲の同性から白い目むけられそう。昔は萌えたのに、大人になってから、あざとい。。。とか思うように。でも、これがBLだと許せるから不思議(笑)絶…の漫画って、完結してますよね?ハッピーエンドでした?学生時代に友人から借りて飛ばし読みしてた記憶。

【裏箱拍手コメントレス】
(ハンドル名は明記してませんが、コメントに反映したお返事書かせて頂いてます)
※記事を予約投稿する前に見たコメントまで。

・二次小説、楽しみにして頂き、そして、鬼ヶ島出張のお気遣いまで、ありがとうございます。
ここ数年は、どうしても鬼ヶ島出張が多いのですが、無理しない範囲で、創作楽しんでます♪
乱葬崗の話ですね…。今週から「陳情令」は現世編突入ですか?

・原作「魔道祖師」の「香炉」話。実写版で想像したら、「きゃーっ」ってなりますよね?
無理無理。絶対無理!って思っちゃうんですけど。藍…のって、あれより大きい…とか?←(爆)

・初めてコメントを書いてくださった方、ご感想ありがとうございます!
「陳情令」はまりますよね♪みつばも、もう底なし沼かってくらい沈んでます(笑)
dd×gg小説読んで頂きありがとうございます。ddはドラマ以外でもご存じでしたか?
みつばは、ドラマから知った新参者なので、ファンの方視点ではリアルのイメージと全然違うのかもしれませんが、二次創作イメージのddもかっこよく書けたらいいなって思ってます♪

・衣装の詳しいお話をありがとうございます!みつばは当然!…存じませんでした(笑)ドラマを見始めたばかりでも、ファンになりたてでも、このブログの読者さん達の方が、みつばより情報に詳しくなっているはずです。監督さんの話はチラリと別の読者さんにコメントで教えてもらったり。そういえば、メイキング映像でもあるようです。撮影待ちのggのボヤキに、「君の奥さんがお腹すいたって言ってるよ」とスタッフさんがddに言っているシーン。これも、中国のファンの方に翻訳教えて頂いた情報ですが。もう、メイキングすら忘羨の「陳情令」全部見逃せませんね。


ブログへのご訪問、ありがとうございました。
みつばの裏箱小説を気にいった方、または、みつばの、dd×gg小説をこれからも読んでみたいという方は、
「白い拍手ボタン」か、ランキングボタンを押してお知らせください♪


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

web拍手 by FC2
// ホーム //