FC2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

今年、最後の「みつばのたまて箱」の雑記です。


今年はリアルの方で喪中なので、ブログも年始のご挨拶を控えさせて頂き、
しばらく「みつばのたまて箱」も冬休みを頂きます。

本日は、私的な雑記なので、関心の無い方はスルーでお願いします。



秋に義母が他界しました。

とても急なことでした。
夜に倒れたという連絡をもらい、その数時間後には帰らぬ人になりました。

数百キロの距離を車で移動して、着いたのは葬式の2時間前。
すでに義母は綺麗に化粧されて棺の中にいました。
衝撃が大きかったのですが、時間は待ってくれません。
あれよ、あれよ、という間に葬式と告別式を終えました。

義母は、数年前に病気を患いましたが、治療の後一度治りました。
でも、1年半前に再発して、入退院を繰り返して療養していました。
秋に1週間ほどの治療で戻って来てもいて、深刻な状態ではなく、今度こそ完治するって誰もが思ってたんです。きっと本人も思っていたはず。

式を終え実家に戻ると、先日までいたはずの義母の生活用品がいたるところに普通に置かれています。

実家の本棚の中に、みつばが送った韓国ドラマのムック本が並べられてました。

入院中、針やハサミを病室に持ち込めないため、趣味の手芸が出来ない。
暇すぎる~と言っていたので、義母が大好きな韓国ドラマ系の雑誌や本を買って何度か送りました。

義母は生前、1日に何本も韓国ドラマを録画して見ていました。
義母が韓国ドラマ好きな友人たちと韓国旅行に行った時は、みつばにコスメや菓子や洋服を沢山お土産に買ってくれました。
みつばも韓国ドラマにはまっていたので、会うと茶菓子を一緒につまみながら、見ているドラマの感想などを楽しく話しました。

義母とは他にも共通の趣味が多かったのです。

ガーデニング、手芸。

義母は庭で育てた花や寄せ植えの鉢を持って来てくれたり、みつばも家の中で増やした観葉植物の鉢を贈ったりしてました。好きな花や庭木の話もいろいろしました。今期は花壇にこんな物を植えたという話や写真も送ったりしました。

手芸で、みつばが、あるブランドの生地の柄が好きだ、と話したりすると、高い生地なのにその布の種類を沢山買ってきて、普段は手作業で手芸をしている義母は他人にミシンを借りてまで、バッグをいくつも作って、みつばにプレゼントしてくれました。

壁一面を飾れるほどの大きなタペストリー。他にも炬燵を新調したと言えば、すてきな炬燵カバーを作ってくれました。あまりに素晴らしいので、子どもたちに汚されたくなくて、結局タペストリーで部屋に飾りました。玄関マットも、子どもたちの節句のたびに、ひなまつり、兜などのタペストリー。出産すると、赤ちゃんのお包みや授乳カバーも作ってくれました。小物入れやバッグもみつばの好きな布でいっぱい。

クリスマス、誕生日、お盆、お正月。孫たちへのプレゼントだけでなく、みつばにもプレゼントや好きな菓子などをいつも贈ってくれました。

本当に大切に、良くしてもらいました。
料理も家事も苦手な嫁で、何も出来なったのに。

みつばの実母もとても尊敬する人です。
でも、いつもとても忙しい人で、みつばが小さい時から、茶を飲みながら一緒に趣味の話をする時間など皆無でした。

だから、みつばは、結婚して義母といる時間が好きで幸せでした。

料理も得意な義母でした。みつばは義母の料理の味が大好きでした。
今年の夏に帰省した時もおいしい料理を沢山作ってくれました。
ただ、義母は喉が痛いと言っていて、だから、今年の夏はあまり話を出来なった。

冬に帰省した時には元気になっていて、いっぱい話ができると思っていたのです。

まさか、もう会えなくなるなんて思ってなくて。

周囲が慌ただしい中、ふとした瞬間にいろんな感情が噴き出し、夜も眠れなくなり、その時間にブログ記事や二次小説を書いていたら気持ちが落ちつくのを感じました。

ただ、みつばが好きな役者さんが出演していて、ためていた韓国ドラマの録画を目にした時。

ふと、感想を言いたい気持ちで義母に連絡しようと思ってしまい、
そうだ。もういないのだった。と愕然として。

夜中にトイレにこもって、わーわー泣いて。

そんなことをしばらく繰り返してしまいました。

何のてらいも無く好きなことを話し合える人を失ってしまったことの実感が遅れて、どっと押し寄せて来ました。

ここ数年、心身ともに疲労していて、楽しい気持ちで創作することが出来なくなって、
せめて、とブログで雑記を書いたのですが、ブログは不特定多数の方に発信する場です。

雑記でも自由に言いたいことが書けない。という気持ちになってからブログからどんどん遠ざかってしまいました。

二次小説も、書くことが無いのではなく、むしろ、ネタやプロットは沢山あるのに、文が打てない。

癒しの場でつくったブログのはずが、苦しくなってしまった。

でも、時々、韓国ドラマの二次小説を読んでくれていた読者さん達から、励ましや楽しみにしているというコメントを頂くたびに、嬉しいという気持ちと申し訳ないという気持ちで、何とか気分が浮上したら創作を続けようと思うことが出来ました。

そんな中、義母が韓国ドラマのことを楽しく話すのを聞くのも癒しでした。

義母が元気になったら、みつばがはまった中国ドラマの話をしよう。

誰にも読まれなくてもブログでまた雑記を書きたいと思えるほどのドラマに出会えた。

「ほら、お母さん、かっこいい人たちがこんなにいっぱい出ているドラマなんですよ。
お母さんはどの人が一番好みですか?」

冬になったら、年末年始を一緒に過ごして、ゆっくりとお茶を飲みながら、
そんな話をしよう。そう今年の夏には思っていたのに。

もう二度と出来ないのだ。と心が納得するまで、
どれくらい時間が必要なのでしょう。


年末年始は実家に帰省し義母を偲びながら片付けをする予定です。

今年はいろいろなことがありすぎました。

義母だけでなく、永遠にお別れした方も。急に去ってしまった方も。突然壊れたパソコンも。
このブログを立ち上げた頃に新調したパソコンだったのに。
ずっと長年懇意にしていた人たちや物と突然多く別れてしまった年でした。

でも、新しい出会いもいっぱいありました。
リアルでも、ブログでも。
それは、とてもいい出会いでした。
辛い経験もしましたが、楽しい経験も沢山ありました。

人生、塞翁が馬という諺を身をもって体験。
ジェットコースターのような1年間でした。

この先、どうなるか誰にも分かりません。

ただ、好きなことを好きな時に力いっぱいやっていこう。
好きな人と、好きなことを語ろう。

後悔の無いように。

このブログを立ち上げた時の初心を思い出すような年でした。


ブログで出会った方、韓国ドラマも、中国ドラマも。
みつばが好きになったのと同じ物を好きでいる方に出会えて、コメントを読めて良かったです。

このブログをやめなくて良かった。

「みつばのたまて箱」をずっと読んでくれていた方も、今年いらしてくれた方も、感謝しています。

今日は、こんな雑記にも目を通して頂き、ありがとうございました。

次回更新は分かりませんが、
もし、何か創作できていたら、記事を予約でも投稿したいです。

しばらくお休みにしますが、その間、「陳情令」「検事プリンセス」の二次小説シリーズの続きを書いて、じっくり構成する時間にさせて頂きます。

また、ブログでお会いできる時を楽しみに。
皆さんも、お元気でいてください。


2019年12月28日 

みつばのたまて箱 管理人 みつば


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:更新報告・お知らせ - ジャンル:小説・文学

web拍手 by FC2
// ホーム //