FC2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

ドラマ「陳情令」の登場人物。
今日は、藍思追について語る雑記です。

ドラマのネタバレ多いです。
未視聴の方はご注意ください!




ドラマの中で演じている役者さんは「鄭繁星」さん。

藍思追は、ドラマでも冒頭の方から出てくる主要キャラクターで、
しかも、かなり重要な存在です。

藍思追は、姑蘇藍氏の一門なのですが、元は5大仙家と言われていたうちの1つ。一番権力と力を誇っていた温氏の一族の子どもです。

温氏に関しては、ドラマだと、陰鉄(強大な魔力を持った鉄の塊の魔道具)設定のため、
原作以上にかなり横暴な権力者のように見えます。

藍忘機の藍氏も、魏無羨の江師も温氏によって侵略され壊滅状態に。
かろうじて、命が助かった藍忘機、藍忘機の兄。叔父さん。原作とアニメ版では、藍忘機の父親はこの襲撃によって亡くなっています。(ドラマだとその前に亡くなっている設定?)
でも、江氏の方は、魏無羨の師匠であり、育ての親、弟子達、門下生の多くが温氏によって倒されます。

しかし、その後、温氏以外の仙門たちが結託して、温氏討伐で、温氏宗主を倒します。

その後の展開。

次に権力を持ったのは、金氏。
その金氏は、温氏の残党だけでなく、普通の温氏一族の庶民も残忍な方法で虐げていきます。

弱き者の味方で、人を助けたい、という志を持っている魏無羨は、その事に反発します。
さらに、自分や江澄を助けてくれた温情の頼みで、弟の温寧を探しに行きますが、
そこで変わり果てた温寧と温氏の生き残りの人々を見つけます。

魏無羨は、自分のすべてをなげうって、この人々を助けて逃避行の末、乱葬洞で小さな村をつくって、彼らを匿うように一緒に生活します。
その中にいた小さな子どもが、温寧のいとこの息子である阿苑、のちの藍思追です。

魏無羨は阿苑くんを弟のように可愛がります。・・・ちょっと雑ですが(笑)

ドラマの阿苑くんは本当に可愛いです!
顏もしぐさも声も。

ある時、街の買い物に阿苑君を連れていく魏無羨。
ちょっと目を離したすきにいなくなっている阿苑にあせって探す魏無羨。

阿苑の泣き声に、その方向を見ると、
藍忘機の足に抱きつきながら、泣いている阿苑を発見。

「お父さんのくせに子どもを抱っこしてあげないのか?」

街の人々に囲まれて、やいやい言われながら、
「私は…違う」と立ちつくし、すっかり困惑している藍忘機の姿に、魏無羨は思わず笑顔に。

そして、「藍湛!」と駆け寄る魏無羨。

この時です!!

ドラマ内で、みつば上位5位の中に入る名シーン。

藍忘機が魏無羨の姿を見て、

ほわ~~~っって顏になるんです!!
もう、魏無羨に見惚れて、ほわ~って。←擬音語(笑)

漫画だったら、背景にレースか花が散るような演出トーン貼ってありますよ♪
ラブコメ調の映画だったら、背景にハートが飛びますよ♪

ドラマの見せ方演出も凄いです。

BL要素は抜きのはずなのに、魏無羨が笑顔で藍忘機に駆け寄って、藍忘機が魏無羨の顔を凝視している、ここだけスローモーションなんです。

これ、恋愛ドラマや恋愛アニメの演出技法だと思うんです。

決して、男の友情ものとか、アクションもので、相棒の二人が再会したとしてもスローモーションにしないと思う。していたらBLアンテナひっかかります(笑)

それに、絶対これ、藍忘機が魏無羨を見た時。

例えるなら。

街で偶然好きな男と再会して、(たとえば高校時代からずっと好きだった同級生とか)
名前呼ばれて、駆け寄って来られた時の、恋する女子大生みたいな顔。
本当に美しいです~。王一博さん演じる藍忘機って(うっとり)

それで、再会して見つめ合う二人。
恋する魏無羨に会えて、もう藍忘機は、内心、ときめきマックス状態だったでしょう!!

足元の子どもが魏無羨の知り合いと分かり、

「この子は?」と問う藍忘機に
「俺の子」と冗談を言う魏無羨。

なのに、「え?・・・」と固まる藍忘機。

さて、この時の藍忘機の心境は次のうちのどれでしょう?

1、 どこの女に産ませた子どもだ?
2、 どこの男に産ませられた子どもだ?
3、 ・・・私の子か?

2、3は、衝撃のあまり、思考がおかしくなった藍忘機の心境(笑)
でも、3に関しては、ファンの方の二次創作動画に結構ありますね♪

藍忘機の顔に、クスリと笑う魏無羨。
原作でも、「冗談だよ。その子は違う人の子どもだ」ってちゃんと言ってます。
しかし、アニメ版では、このあたりがばっさりとカット(涙)

ドラマ「陳情令」で、藍忘機が阿苑と会って、おもちゃを沢山買ってあげたり、魏無羨と一緒にご飯食べる時、藍忘機の言うことはちゃんと聞いたり、他人に触れないと言っていた藍忘機が阿苑を膝の上に乗せてあげたり、抱っこして運ぶシーン。
みつばはドラマのこの魏無羨と藍忘機と阿苑のふれあいシーンが大好きなんです。

このやり取りがあって、後に魏無羨がいなくなった後、藍忘機が阿苑を助けて、藍氏で引き取る~・・・に続くのが分かりやすい流れ。

あとで、阿苑に「有銭哥哥」(金持ち兄ちゃん)と呼ばれる藍忘機(笑)
おもちゃを買ってもらって、美味しいものもご馳走になったりで、すっかり藍忘機に懐いた様子の阿苑。

阿苑のおもちゃを取り上げて、「俺の方が好きって言ったら返してやる」とか大人気ないこと言う魏無羨。(笑)

二人と別れた後、こっそり影からそれを見ている藍忘機。

↓ドラマ中、みつば意訳で申し訳ないですが、魏無羨と阿苑にやりとり。

「また、金持ち兄ちゃんは来てくれる?」
「…いや、もう来ないだろう」
「どうして?」
「人は、それぞれ歩く道が違うんだよ」
「あ~・・・」←分かったような、分かってないような阿苑が可愛い。


この時、藍忘機は魏無羨が、「誰かは(藍忘機)光の道を歩いていっても、俺は暗闇の中一本の板の上を歩いていく~」って言っているところを聞いている藍忘機。

あれ?

阿苑(藍思追)の話をしているのに、どうしても藍忘機と魏無羨の話になってしまいますね(笑)
みつばの雑記って所詮、藍忘機と魏無羨二人が中心です♪

話を戻して。

その後、ある事件がきっかけで、温氏の生き残り達は全員処刑され、魏無羨も不夜天で・・・。

阿苑は、乱葬洞で高熱を出して倒れているところを藍忘機によって発見されて、藍氏に連れてこられます。ドラマと原作では、この連れて来られた時間がちょっとずれてるようですが、
ドラマの懲罰や、藍忘機が胸の烙印をつけたのもこのあたりのようです。

阿苑と同じ発音で阿願→藍願。となる阿苑。

漢字に関しても、藍忘機がつけたのでしょう。

藍思追の字(あざな)に関しては、二次小説でも書いたのですが(こちらの記事
藍忘機が魏無羨を想う気持ちが込められている説・・・。原作にはそんな補足説明はないそうです。

でも、阿願の「願」ももしかして、そうなの?

藍忘機の魏無羨の無事を、再会を「願う」の意味なのかしら?
そうだったら萌える♪

それで、この前雑記に書いたのですが、

「どうして藍忘機は、藍思追に「問霊」を教えたのでしょうか?」

という、中国の魔道祖師ファンの方からみつばへのクイズ。

「問霊」(琴の音で、亡くなった者の魂を呼び出し会話をする秘儀)

藍啓仁、叔父さんも出来ます。
藍忘機も出来ます。兄様はどうかな?ドラマでも琴を弾けていたから、本当は出来るのかな?でも他の弟子達は出来ない様子。

どうして藍忘機は藍思追に教えたか?

魔道祖師ファンの方に聞かれた時のみつばの答えはこちら。(原文まま)↓

私は、蓝思追が蓝湛にとって、自分と魏無羨の子どものように思っているからだと思いました(笑)
他の理由で、真面目に考えると、蓝思追を藍氏の跡継ぎに考えているからだと思います。


↓みつばの意図。

藍忘機は、魏無羨のことを愛していて、女性と結婚して子孫を残す気は無かったから、
思追を藍氏の跡継ぎにしようと思って、藍思追に「問霊」を伝えた♪
叔父さんと兄も独身だし。
思追を自分たちの(藍忘機と魏無羨)子どものつもりで育てていたから♪


「・・・・・・」

はい。冗談言ってる?と思わないでください。
みつばは、これでも、真剣に考えて、しごく真面目に答えてるんです。

これに対して魔道祖師ファンの方の答え(まとめ)

藍忘機は魏無羨がいなくなった後、13年間何回「問霊」しても、応えがなかった。
(藍忘機は魏無羨にそれほどまでに嫌われていると思っていたみたい)
藍忘機はもし自分が死ぬまで魏無羨が戻らないだったら、どうすればいいのかと悩みました。
そのため、蓝思追は温氏の跡継ぎにしても、蓝氏秘術「問霊」を教えてあげます。
もし自分がなくなった後に、魏無羨の魂が答えたら、(自分の)魏無羨への愛を伝えて欲しい・・・という想いがあった。



そうです。

藍忘機、せつない・・・(涙)

みつばのふざけた(しごく真面目なんですって)解答と比べてみてください。
こんな曖昧な認識で二次小説書いてるんですから、大丈夫か?って感じです(汗)

それにしても思追君は、名前から技術から何から何まで、全身で、藍忘機の魏無羨を想う気持ちを込めて大切に育てられましたね。

「陳情令」スピンオフ映画「生魂」で、思追は温寧くんと共闘しています。

もう、温寧くんは、別人のようにかっこ良すぎてます。
みつばは温寧くんが大好きだったのですが、髪型からメイクから、全部かっこよすぎて、CM映像チラッとの時、最初「だれ?」ってなりました(苦笑)

思追くんは相変わらず爽やかでかっこ良いです。

優しくて、礼儀正しくて、素直で思いやりのある青年に育った思追君。

思追くんは、この後、どうするのでしょう?
「陳情令」のラストで自分が温氏であることが分かり、幼い時の記憶も蘇りました。

みつばの中では、藍忘機と魏無羨のそばで、しばらくは二人から学びながら、仙督となった師匠を支え、藍氏の中で生きていって欲しい思いもありますが・・・。

でも、温寧くんとのからみがとても好きです。
「生魂」の二人を見て、みつばのBLアンテナがちょっと発動して困ってます(笑)

ちなみに、みつばの中では、藍思追くんと藍景儀とか金陵とかのBL要素的な物はありません。(たぶん)

みつばの二次小説では、相棒のような親友の藍景儀と共に、これからもよく登場させたいです♪


【拍手コメントレス】

教えて頂いた「1分で分かる、魔道祖師(陳情令)登場人物紹介」(みつば意訳)、動画見ました。
ありがとうございます♪
藍忘機のお父さん、お母さんの話のところ。
中国語の字幕でざっと読んだので、完全解読は出来なかったのですが、
内容的に、原作にだいたい書かれてあったことでした。ドラマでも兄が語っているところ。それ以上の事はあまり述べられてなかったような気がします。やっぱり謎はありますが、
藍忘機が、父が母にしたように魏無羨をそばにいさせたかった、という事は分かります。

タイ、中国のBLドラマの紹介ありがとうございます!
いえ、全く知りません。BLドラマ、最近日本で放送しているもの「おっさんずラブ」
「きのうなに食べた?」以外見たことがほとんど無いのです(汗)「ハイロイン」は、日本の翻訳版気になってはいますが、まだ見て無いです。今まで、BLじゃないドラマを脳内で勝手にBL妄想で見ることはあっても、BLとして作成された物は見て無いのです。
BLも、同人(二次創作)も、みつばの中でずっと憧れがあって、憧れすぎて、敷居が高くて、手が出せなかったんです。
なので、「陳情令」と、その二次小説が、みつばの中で初めてちゃんと触れ合ったBLになります♪。
(「陳情令」厳密には、BLじゃない(風)だけど、原作はBLだから)


ブログの記事を気にいって頂けたら、白い拍手ボタンでお知らせください♪

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:中国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

web拍手 by FC2
// ホーム //