FC2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

ドラマ、映画にはNGシーンというものがつきもの。

一大スペクタクルとうたったハリウッドの歴史アクション映画でも、多数のエキストラさんの中で、現代品を身につけている・・・というチェックを通り抜けてしまったNGシーンが見られたりします。

「陳情令」にも結構NGシーンがあるようです。

みつばもドラマ中に少し「あれ?」というものをいくつか見つけていたのですが、情報として教えてもらった他に、他のファンの方たちも多数見つけたものを発表したりしているのを目にしました。

もう舐めるようにドラマを見ているファンだからこそ見つけるのも凄いです。

NGシーンの中には、ドラマでは映ってはいけないものがいくつか。

スタッフさんや現代品や個人のアクセサリーなどがドラマ中に映り込んでいる箇所が(汗)

「ああ、ほんとだ!」と思わず笑っちゃいそうになるものから、よく見つけたな~って感心する細かいものまで。

たぶん、映像が見切れていると思って油断していたのでしょうか?

映像の端に映っている藍湛役さんが、藍湛らしからぬ動作をしているものや(笑)、魏嬰役さんが、もう収録終わったよね。的に衣服を脱いでるっぽいところとか(←みつばは演出だと思ってる(笑))

あの、おんぶシーンも。

藍湛におんぶされた魏嬰がニヤニヤ笑っているんです。

みつばはこれ、完全に演出(脚本の一部)だと思い込んでました。
藍湛におんぶされて喜んでいるんだなって。
でも、魔道祖師ファンの方に「王一博(藍湛役さん)も笑っていて、NGシーンなんだけど、藍湛役さんが魏嬰役さんをおんぶする体力が無く撮り直しが難しいからOKになってる」と教えてもらって、スローモーション&、アップ画像で見たら、思いっきり藍湛も笑っているのが確認できました。

藍湛はあんな風に笑わないキャラなので、二人とも笑っていたんですね。長い髪の毛で二人とも表情隠されてはいますけど、ファンの目はごまかせなかった。

実際に藍湛役さんの方が魏嬰役さんより細身で体重も少ないので、おんぶは大変だったことでしょう。

だからかな?

萌えシーンで、ここは抱っこかおんぶじゃないの?というシーンも肩かしになっていたのは。←BL要素を抜くためです。

原作設定だと、藍湛は魏嬰より背が高くてがっしり細マッチョ体型ぽい上に、剛腕の持ち主です。
これはドラマでもその設定は一応生きていて、水鬼退治の時に、仙剣にのった藍湛が魏嬰や他数名を軽々と持ち上げて助けるシーンがありました。

でも、実際に抱っこやおんぶはきついですよね。
あのおんぶシーン、藍湛が軽々と魏嬰をおんぶしているように見えていたのですが、そんな苦労が(汗)

でも、これに関しては。
・・・藍湛と魏嬰が二人ともおんぶで浮かれてニヤついていたってことにしましょう♪

そんな感じで、みつばも来年、「陳情令」が日本で放送された時かDVDを購入したら、目を皿のようにして、沢山映像チェックしてみたいです♪

しかし、中にはNGなの?と考えてしまうシーンも。

それが、あの50話。ラストシーン。

もう二次小説の「帯他回家」で書いてしまったので、ラストシーンの話もネタバレ書いてしまいますが、藍湛と魏嬰はラストで別れます。


ここに関しては、みつばは妄想藍湛と脳内花畑でずっと喧嘩中です(汗)

「陳情令」の(みつばの中の妄想)藍湛に言ってやりたいことが山ほどあります。
この別れの過程や藍湛の心情とか決断についても語りたいことが山ほどあります。
でも、ここで雑記として書くと長編小説並みになってしまうので、今後の二次小説の中でかわりに語るつもりです。

ただ、先にのべるとしたら・・・
ラストエピソードの藍湛に言いたいのは。



陳情令の藍湛!
私の可愛い羨羨(魏嬰)くんを泣かしてるんじゃねーよ!!




はぁ、すっきりした(苦笑)


で、何が言いたいかというと。

藍湛と別れた後の魏嬰の服が別れた時と違うってところです。

みつばは最初、その事に気付かなかったので、笛をふいている魏嬰の元に藍湛がすぐに引き返してくれたと思ったんです。

でも、動画でファンの方が服の違いを指摘していました。

みつば的には、NGあるあるだと、それでも思ったのですが、
ドラマを検証してみると、藍湛と魏嬰は別れを決意してからも、しばらくは一緒にいるようなんです。

聶懐桑に会った場所は、藍湛氏の領内に近いし、魏嬰の首の傷が治っているので時間が経過したみたい。それに、二人とも最後の合奏して、ちゃんと別れようとしてる。


高原で別れた後も「忘羨」の笛の音を聞いて、一度は足を止めた藍湛だけど、また再び同じ向きで歩いている。

すぐに引き返したなら、歩き始めるシーンは無いかも。

再会まで30分くらいだと思ったけど、やはり服をかえるくらいの時間が経過したという演出かも。

・・・この件は、さっきの藍湛のことを合わせて、
さらに、例のみつばが見落していた重大な設定の件といい・・・。

やっぱり、「陳情令」藍湛に言ってやりたいことがいっぱいあって。

でも、みつばは、以前ブログの雑記にも書いたけど、本当に「陳情令」の魏嬰が大好きで、人生の中で一番好きなキャラクターなので、彼の幸せを願わずにいられなくて。

そんな魏嬰の幸せって言ったら、藍湛と一緒にいることなんだと思うんです。
あんな人でも。←とうとう、あんな人呼ばわり。

これだから、水甕座の男は、ドライだとかクールだとか、恋愛感覚がおかしいとか、鈍いとか巷で言われるんだよ。と言いたくなるくらいです。←星座占いから離れましょう。水甕座の人に失礼です。(ちなみに、みつば自身も水甕座ですが)

原作の藍湛と魏嬰とは違うのです。
原作だと、エピソードや人物設定も異なっているので、魏嬰の方からあんな風にアプローチしなければならなかったと思います。それに、もう心も体も結ばれた二人なので、ああいう文句なくハッピーなラストになったのでしょう。

だけど、ドラマの藍湛と魏嬰の場合。

いつまでも「受け」てる場合じゃない!藍湛!しっかり!って言いたくなった、みつばです。

じゃなきゃ、モテモテ魏嬰は、どこかの女や男にあっという間に奪われますよ?

という理由により。

みつばの中では、別れた後から、藍湛が魏嬰をピックアップするまでの時間は短め設定でお願いします。

もし、今後、公式で二人が別れてから再会まで1年くらい経ってます♪って発表されたとしても、みつばはもう認めません。
腐女子の視点以外からも認めたくない理由があるのですが、これに関しても、二次小説かそのあとがきの中で述べます。

もう、ドラマのNGシーンというより、みつばの言っていることが一番NG(no good)
になってますが、そしてさんざん「陳情令」藍湛のことをデスったような雑記なのですが、
藍湛はみつば史上、好みのキャラクターナンバー1です♪←好みと好きは違うという複雑な感情。



【拍手コメントレス】

江澄役さん、素敵ですよね。他の現代ドラマの方も少し拝見したことがありますが、爽やかで優しそうな好青年です。「陳情令」の江澄のキャラと真逆なので、素のお姿を拝見した時はびっくりしました。演技がすごい。そういう意味では薛洋役さんも凄いです。素のお姿や雰囲気は控えめで優しい美青年さんですが、いざ演技が入ると、妖しい色気を含んだ悪役さん。みつばはあの方がドラマで初めて出たシーンの時に、存在感が凄くて、主役二人が食われてると感じたほどです。「陳情令」の役者さんとして見ると、出演者、どの方も注目したくなるほど魅力的です。

原作の藍湛は、実は玄武洞でも魏嬰に噛みついてます。
他にも後にいろんなところで噛みついてるようです(笑)そういう性癖なのか、やっぱり魏嬰に自分の印をつけておきたいのか?どっちの理由もありそうですね♪
みつばの二次小説の藍湛は、後者♪

可愛い魏嬰くんを狙うふとどきな輩については、二次創作をすでに妄想していたりします♪。
ただ、BLであれ、レディコミ系であれ、ハード系な妄想話のため、
表のブログでアップ出来ないかもしれません。いわゆる寝取られ系・・・純愛路線重視の方は受け入れられないと思うし、主人公ハッピー目的のみつばにも実際の執筆は難しいかもしれません。読みたい方がいたり、みつばが書きたくなったら、パラレルとして裏箱更新かな?でも、実際に、おめおめ寝取らせたりしません。みつばの大好き羨羨君を♪それに、そんなことをしたら、「陳情令」の藍湛にみつばが抹殺されそうです(苦笑)
なので、ちょっと大人話強めなテイストで書く話になるかもしれません♪←結構構想は出来てます。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:中国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

web拍手 by FC2
// ホーム //