fc2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ

訪問者様♪

更新通知登録ボタン

記事更新を通知します

検索フォーム

QRコード

QR

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
web拍手 by FC2
「みつばの鍵箱」を設置しました。

「鍵箱」とは、そのままの意味で、「鍵」が無いと開かない記事です。

ブログやサイトでいうところの「限定記事」になります。

通常は、記事を読みたい読者様が、サイトの管理人に申請をし、管理人は、許可した方のみ「鍵」の暗証をお渡しする流れとなっているようです。

みつばは、この限定というもので、読者さん達を選別、閲覧制限をしたくない想いがあると、「みつばの裏箱」の説明でも書いています。

ただ、今後のことを想定して、念のために「鍵」をつくっておきます。

「みつばの鍵箱」の「鍵」(暗証)は、


0620mituba09240123


―――です。



「鍵を公開するんかい!?」


というツッコミの声が聞こえそう(笑)


鍵を公開したら、誰でも見られるじゃない!
「限定」の意味ないじゃない!
じゃあ、なんで、「鍵箱」設置したの?

という質問は、ごもっとも。

先にも述べてますが、みつばは、読者さんを限定にしたくないのです。

それと、「申請」というものが、みつばにはあまり意味の無いものだからです。

だけど、将来のことを想定すると、「鍵」をつくっておく必要性がある。と考えて決めました。

「みつばのたまて箱」に何かあった時のために。

もし、この中の記事を、今後も読み続けたいと思った読者さまは、「みつばの鍵箱」の鍵を覚えておくか、どこかに控えていてください。


「鍵」は、しばらくの間、公開で配布しておきます。

「鍵」を受け取るための「申請書」、「誓約書」はありません。
だから、コメントに送らなくて結構です。


ただ、今まで通り、サイトを見る最低限のマナーを守ってください。

「みつばの裏箱」記事のように、隠されていても、画像や内容を他に転載しない。
「鍵」も、あくまで、この中に止め、流出させないようにしてください。

読者さんの中でお約束を守れない方がいた場合、予告無しに「鍵」を変更します。


―――しかし、おそらく、普通、ブログの限定記事の「鍵」を公開させるという管理人はいないでしょうね(苦笑)


最後に。再度書いておきますが。

出来ることなら、今後、みつばがブログ全体に「鍵」を使う必要の無い未来を望みます。

そして、みつばのブログの「鍵」を手に入れた方が、このブログの記事内容を好きな方か、みつばと同じものを好きな方、または、ファンの方であれば良いなと思います。


「鍵」を手にいれた方は、その暗証で、試しに、この前にアップした「【鍵箱】開封注意」の記事に使ってみてください。


鍵、開くかしら?(みつばは、テスト済)


「鍵箱」の記事のルールは「みつばの裏箱」に準じます。


ちなみに、今の「鍵」は、ブログの開設日と、某韓国ドラマの、みつばの推しキャラ(男性)の誕生日&、某中国ドラマの、みつばの推しキャラ(攻め)の誕生日の数字の組み合わせです。あの人とあの人のね(笑)


テーマ:更新報告・お知らせ - ジャンル:小説・文学

web拍手 by FC2
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
web拍手 by FC2
ブログへのご訪問ありがとうございます。

昨日のコメントレス雑記に入れそびれた呟きの追記です。


4年前の「陳情令」撮影現場でのddの誕生日。
メイキングシーンが、日本公式では、新しくアップされていましたね。

ggがお祝いにヘルメットをddにプレゼントしたこと。ddがお礼を言っているところ。

過去に数十回は見ていた動画だけど、(いや100回はこえてる(笑))これからも、動画があるかぎり見続けます。

そして、ddが切り分けたバースデーケーキ。

ddがggの分のケーキに、飾りのチョコもつけてあげていたシーンも日本語で一緒に見たかったな。(何度も見たけど(笑))

「ありがと」のggに、振り向き、ふわっと微笑むddの顔を見るだけで、モエヒネ(萌えひね)エネルギーが注入され、また1日生きていける気持ち。

これらの4年前の動画とドラマ映像を見ている時間で、他の新しいドラマや映画を何本も見られていたかもしれない。

でも、「陳情令」に出会って、3年たっても同じ動画を、今でも毎日のように見続けているみつばは、まだ陳情令沼の底から出られないようです。


(追伸)コメントを送ってくださった方、ありがとうございます。

未視聴ですが、「狼殿下」のggは、CM映像見ただけでも、とっても好みのキャラクターです。

だけど、ggと女優さんとのラブシーンを見るだけで胸が苦しくなるので、今は積極的に見られない、複雑な気持ち(涙)。

ddが出演のドラマでも、ラブシーンがあるけど、気にならず、どんなドラマも楽しめるみつば。

お二人とも、大好きというのは同じなのに、それぞれに対するみつばの「好き」が違うのも、自覚しています。

好きが違っても、どちらも同じくらい、ひそかに応援中です♪

テーマ:中国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

web拍手 by FC2
ブログへのご訪問ありがとうございます。

本日は、今まで頂いたコメント(コメント欄から)のお返事からのつぶやき雑記。

それから、お知らせです。

コメントを送ってくださった方、ありがとうございます。
まとめてになりますが、お返事、こちらから失礼します。

・「ヒカルの碁」の紀李さんが見たいです。でも、まだ見られていません。
そして、紀李さんの画像を見ていたら、二次小説「天に楼閣を描く鳥」の続きをアップせねば!と。(年内完結目標で)

・「鬼ヶ島」にいても、今は体は元気です。お気遣いありがとうございます。
創作活動は、体調見ながら、ぼちぼちと楽しみます。

・陳情令の二次小説。「道侶編」の新作、「常春の庭」は、やや長編なので、先に、温宗主のでる番外編話を書いちゃうかな~。または、もう漫画ネームでアップしようかな~とか。ようやく、そんな気力になってきました♪


・「魔道祖師」の漫画版。本当に綺麗ですよ。フルカラーですし。
そして、アニメのように背景などの描きこみも細かくて素敵です。
イケメンキャラとちびキャラ。ギャグとシリアス。純愛とせい愛(笑)もしっかりと描かれているので、(BL推奨)忘羨ファンなら、アニメはちょっと…の、「陳情令」ファンの方も楽しめると思います♪

・体調を崩されていた方、大変でしたね。
今は、重症化しないことを祈るばかりです。
みつばのリアルの友人も感染しています。周囲でも身近に増えています。
そんな中、ブログの記事を読みに来ていただき、ありがとうございます。
みつばのおすすめドラマ。見ている数は少ないのですが、気にいったものは、全力で推します(笑)。楽しんだり萌えたりしていると、免疫あがりそうです♪お体お大事に。

アニメ、術なんとかは、子供の付き合いで、何となくしか目にしていないので詳しくは分からないのですが、イケメンの五●さんが好きかも。またはパンダ先輩。

「絶愛」が。となると、みつばと同じ世代かも?(笑)
当時、友人から借りて、途中まで読んでいました。最終回読んでいません。
みつばの青春も、ほぼ漫画です。読むより、創作する方ですけど。最近はBL漫画も面白そうと思うようになりました♪

・ddの夢!良かったですね。
でも、なぜ、玉ねぎなのでしょう?スライサー(笑)何か意味があるのかもしれませんが、思わず笑ってしまいました。

・白檀の練り香水。けっこう、マダム的な印象の香りですよね?

・みつばも、夏は「陳情令」見放題で1話から見るぞ~、と思っていたのですが。
人魚くんのドラマにはまってしまって、ひたすら、萌え訳しながら動画視聴しています。
アレン・レンさんの声がアニメ魏くんと同じ。ということは置いておいても。

脚本、音楽、映像。キャラ設定。風景。どれも美しくて素晴らしい。
キャラクターたちの丁寧な心理描写も素敵だと、みつばは思っています。


・不特定多数の集合体のコメント。みつばは、情報集めなどでは、なるべく見ないようにしています。(でも、つい目につく時もある)

過去にブログの雑記で何度か書いているのですが、多くの思考のベクトルが一定で無く、コミュニティ的な派閥がいくつも出来る空気感がある場が苦手なのです。

言語理解につまずきがあるせいか分からないのですが、その分を補うためか、口語でも、書いた文でも、発した方の何らかの情報が映像的に勝手に浮かぶから。

このおかげで、所々、言葉の意味が理解できずに穴が開く人との会話を繋げられたり、原語は分からないけど「萌え訳」的なことが出来たりしています。勝手に浮かぶ映像から、考えなくても創作活動が出来たり♪。

みつばの「右脳くん」の源。

ただ、感受性と妄想力が強いタイプの人間は、現実との境界線をしっかりつけて、距離を置いて、幻覚映像と付き合わないと、人間やめて闇堕ちしがち。

当然、他者から流れ込むマイナス的な感情は、毒か刃のように直接大きなダメージを与えてきます。

だから、意識的にそういう場の人の言葉に触れないようにしていたのに、以前、「陳情令」関連のファンの方が管理されている動画サイトさんで、いろんな国のファンの方達のコメントを読んでしまったのです。

だって、現実だと、みつばの周囲に、アジアドラマや俳優さんの話が分かる方が誰もいないから。

そして、自分のブログでも、いろいろなファンの方がいらしているから、本心を自由に語れない。

ブログの読者さんには、二次小説は喜んでもらえてるって分かっていたけど、次第に余計に寂しくなってきて。

だから、つい、「同志たちがここにいっぱいいる♪」って、嬉しくなって、そのサイトさんのコメント欄を見ていたら。

同じファンだけど、考えはアンチな方が書いた、そのサイトさんへの批判コメントに、うっかり触れてしまったのです。

日本語じゃないけど、書いた人の心の映像が流れこんできて、まずいっと思った時には、もう遅かった。

精神的なショックで、一瞬で「右脳くん」が消えてしまって、大パニックになったみつばが、「もう、妄想映像が見えない。二次小説書けないかも」と、泣き言をいった雑記が、このブログのどこかに埋もれています。

当時、大多数の読者さん達は、「この人、何言っているのだろう?」状態でしたけど(苦笑)

でも、近いうちに、いつか、同じことが、このブログ上で起こる。

泣きながら、ブログの管理画面見て、「もうブログをやめよう」と考えている自分の姿が浮かんでいた。

精神面の影響で、陳情令の二次小説は書けなくなるだろう。という確実な予知映像が浮かんでいて、「お願い」と「お知らせ」を連投しました。

ブログで同じ好きを共有した人とコミュニケーションをとっていたから、右脳くんが楽しんで二次創作活動を続けられていた。
だから、妄想映像が、現実になった時、対処すればいい。とか、怯えながらも、予知を楽観視してました。

でも、今だから、正直に書きますが、結局、妄想映像が本当に現実化した後は、想定していた以上にきつかったです (笑)←笑いごとじゃないけど。

あれから、何度も考えたのです。

未来が見えた、いえ、予測できた時点で、コミュニケーション機能を全停止すればよかったのでしょうか?

過去のコメントで言われたように、二次創作記事だけアップしていれば良かったと?

それ以前に、2019年には、いろんな意味で、1年で二次小説書くのをやめるって決めていたのに?そうすれば、恐れていた未来は来なかったかもしれないのに?

何度も自問自答しましたが、答えは、すでに出ていたのです。

過去の自分の責任は未来の自分がとり、未来の自分の責任は過去にふりかかっている。

決めたのは、全部自分。

―――というわけで。心身を鍛えて、いつか広い世界で、いろんな人とコミュニケーション取れたらいいな~と思いながら、今はTwitterなどで不特定多数の方の発するコメントを見ないようにしている。というのが、みつばの答えです。説明が長い(笑)




最後に。お知らせを。

近々、「みつばの鍵箱」の鍵を配布する予定です。
「鍵箱」とは、文字通り、限定記事で、「鍵(暗証番号)」を知らないと見られないものです。

「変えられない未来でも。想定して動くことは出来る」

みつばが二次小説で書いた誰かの台詞だったのだけど、誰だろう。
魏くんが言いそうだけど、未公開話の中の、未来の藍君の台詞でもあります。

「鍵箱」のことは、6月のあとがき雑記で少し仄めかしています。

ずっと、考えていました。
どのタイミングで、どうやって配付しようかと。

昨年の11月に見たみつばの妄想映像。
「陳情令」の記事を書き始めてから2度目です。

二次小説シリーズを完結するまでブログを辞めないと決めた矢先に、どうして、こんな映像みるかな。とか、当時は、悶々となりました。

そして、未来の自分の言動と行動が意味不明でしたが、今年に入り、5月くらいになって、理解出来てきました。

前回は現実とリンクしましたが、今回は、未来で、それが現実になるのか分かりません。

しかも、現実に起こる時期が曖昧なのだけど。

だけど、やれることは、やっておこうと思って決めました。


ただ、このブログが存続するかぎり。
出来るかぎり、「鍵」を使わずに済む未来を望みます。


そして、いつか「右脳くん」が、戻ってきて、二次小説の続きを書いてくれることを切に願います。

二次的妄想の産物でも、完結したところを見たいというのが、自分の本心だから。

テーマ:更新報告・お知らせ - ジャンル:小説・文学

web拍手 by FC2
二次創作の4コマ漫画ネームを、ウェブトゥーン形式で試してみた。

表では画像が、どうしてもネット上に流出してしまうので、最近は、いろいろな意味で「裏箱」に隠していました。

ただ、ウェブトゥーン形式(たてコミ)は、スマホで、どういう風に画像が見られるのか見たかったので、二次創作物ですが、こちらでアップしました。

※「みつばの裏箱」は、記事がPC版でのみ反映される。

みつばの裏箱についての説明はこちらから。

だから、漫画としては、山なし意味なし、落ち無し作品ですが、テストとして、ちょっと試しにアップさせてください。
(この記事は、あとで、消すかロックかけるかもしれません)

「陳情令(魔道祖師)」二次創作 (@みつば)
webtamesi02_001.jpg


コミックの長さは、あと半分あるのだけど、前半部分のみアップ。

パソコン画面だと、長細い画面になっているけど、スマホ版だと、流行りの「たてコミ」(webtoon)になっているのかしら?

漫画描きとして、たてコミ形式は初めてなもので、
絵の見え方とか、画像解像度とかを試したかったの。

二次創作漫画のネタ元のファンの方は、「結局、これは何の話?」ってなる漫画ですみませんっ。


結局、「忘羨」カップルが、いちゃいちゃしているだけの二次創作漫画です(笑)



(追記:検証結果)・・・ああ、なるほど。こういう風になるのか。←実験結果に、一人で納得(苦笑)

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:アニメ・コミック

web拍手 by FC2
8月5日は、「陳情令」で藍忘機役を演じられた王一博さんのお誕生日。


王一博さん、生日快乐!


王一博さんの元気なお姿を拝見するだけで、前向きな気持ちで生きていられました。
これからのご活躍も楽しみにしています。

今年も、お祝いと感謝のメッセージをネットの海に流しておきます。

―――ひっそりと、応援しているファンの一人より。


…そういえば、ちょっと時差があるのでした。
今さら気づきましたけど。

テーマ:華流・台流 - ジャンル:アイドル・芸能

web拍手 by FC2
こんばんは。

「みつばのたまて箱」へのご訪問ありがとうございます。

「陳情令」。日本の公式さんから、ドラマのメイキングシーンが新しく更新されていることに気づきました。

陳情令関連の動画ばかりを見ていた、みつばのスマホは、3年たっても、新しく更新される動画を、おすすめしてきます。

毎日、それをチェックしているのに、連日、見たことの無い舞台裏エピソード動画が、いつも更新されています。

まだまだ、見たことの無いお宝映像があるのね~。と、いつもワクワクして動画サイトを開いてますが。

公式でメイキング映像の新しいシーンもアップしているとは。
・・・日本語訳された公式メイキングシーンは、あれ以上更新無いと思ってました。ぼそっ。

過去に何度も見ているシーンでも、中の人たちの話している言葉の日本語訳は嬉しい。

これからも公式から新しいシーンがアップされるのでしょうか?

「魔道祖師」アニメの完結編が日本上陸するとか。
漫画版が日本上陸するとか。
陳情令の日本語吹き替えが地上波放送とか…。
そんなニュースが、近々あったりするのでしょうか?


(注意)↑あくまで、みつば妄想です。



やはり。今年も、「陳情令」の夏!


このブログの記事を読みに来てくださっている方、ありがとうございます。
記事への拍手を押してくださった方、ありがとうございました。

みつばは、好きが続くかぎりは、ブツブツと萌え心を呟きにきます。

そんなブログで良ければ,
また、過去の二次創作作品や雑記をのぞきに来てください♪


(コメントレス的な雑記と呟き)

コメントを送ってくださった方、ありがとうございました!

漫画版「魔道祖師」、たしかに台湾版の方は2巻でてますね。
漫画は、キスシーンもアレシーンも。BL描写がしっかり表現されています。

だから、今後、漫画の書籍は、
原作小説と同様、台湾版の物がノーカット版となるのかな?と、想像していました。

綺麗なキスシーンも、素晴らしいえっちシーンもカットしないでほしい。。。


「ヒカルの碁」の中国ドラマ版。
今は、日本語訳、特定のところでしか視聴できないみたいです。
紀季さん、出演。画像で見ました。
そのあたりもチェックしたいので、いつか機会があれば視聴したいです。

みつばは、原作、アニメでも、サイがいなくなったことが、すごくショックで(涙)
そのあたりから、最終回の話までの記憶を失くしていました。
でも、最後まで見てみたいです。
情報、ありがとうございました♪

テーマ:中国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

web拍手 by FC2
こんばんは。

この記事で、みつばが使用しているという、白檀のねり香。
(勝手に「陳情令」(魔道祖師)二次的妄想のイメージにしている)

コメントレス的な雑記を書かせていただきます。

みつばが使用している、ねり香はこちらです。




以前、ブログで書いた気がしていたのですが。
―――していなかったかな?(覚えが無い上に記録が無い)

こちらは、メン●●ータムみたいな感触の軟膏のねり香。(個人的な感想)
小さな容器に入っています。
みつばは、いつもの香水と同じく、手首や首筋につけています。

じつは、この容器やお香の形状。みつばの二次小説の中に出てくる藍氏の軟膏薬のモデルとなっていました。

藍くんが魏くんに渡した、お手製軟膏薬も、こういうイメージだったの♪
服の袂や胸にいれていても邪魔じゃない大きさ。(あくまでも、二次的なイメージ)

以前、みつばが好きで使用している白檀のお香(線香)はブログで紹介していたのですが。



↑この線香の香りは、みつばが勝手に「静室」の香り~とかイメージしていました。

しかし、ねり香は、この線香の香りとは雰囲気が全然違ったのです。
白檀は白檀なのですが。

線香のは、癒され、優しく和む香り~♪という感じだったのが(個人の感想です)

ねり香の方は、なんだか、背筋をぴしっと伸ばしたくなる香り。というイメージ(あくまで個人の感想)

だから、二次妄想世界の仙督藍ちゃんの部屋「宵藍室」(二次小説オリジナル用語)のイメージと思いこんでいました。

それに、みつばが、このねり香を体につけていたらですね。

子供が「金持ちのセレブで綺麗な人がつけていそうな匂いがする。ママに似合わないな~」と言ったのですよ。

・・・・・・庶民の平凡なおばさんには合わないってか!?←(被害妄想)と、ショックを受けた記憶で、しばらくの間封印してました(苦笑)

もともと、みつばは、20年ほど、香水は決まったものをつけていました。
それも、以前ブログに書いているのですけど、ショパールの「ウイッシュ」というもの。



でも、「陳情令」熱に浮かされ、藍ちゃんの側にいられなくても、せめて、「白檀」の香りを身にまといたい♪なんて、願望(妄想)で、入手していたのです。

しかし。やはり、みつばは、藍家のような高貴なイメージにはなれないのか…(苦笑)
心の邪気に惑わされそうな時につけたりしています。魔除け的なイメージで♪

茶やコーヒーもですけど。
嗜好品は、あくまで個人の好みがあります。

線香の時は、店で実際サンプルの香りをかいで気にいったのをネットで購入していたみつば。

でも、ネットショップの物は、お試しというものが無いので、知らずに入手して、気にいらない!となっても勿体無いので、興味持った方もよくよく考えて手続きしてくださいね。

1つ。注意書きをしておくと。

今さらの話ですが、みつばがブログで使用している画像は、アフィリエイトの画像リンクを使用しています。

元々、このブログサービスの1つに、商品をリンク出来るサービスがあって、みつばは、DVDの画像リンクなどは、そちらを使用していました。

しかし、数年前に、そのサービスが終了してしまったので、ブログ内の記事で紹介したい画像は、アフィリエイトの画像をリンクさせています。

みつばが実際に入手した商品もありますが、あくまで画像を見せたいという時は、注意書きで「画像をクリックすると商品紹介ページにリンクしますが、その後のことは自己責任でお願いします」と書いています。

アフィリエイトの画像リンクの商品。
ネットショップによっては、正規品では無いこともあるようです。(二次的なものや公式で無いものも…)
なので、気にいったものがあっても、そのショップさんや商品を調べてからの方が良いと思われます。

そして、ご覧のとおり、みつばは、このブログで真面目にアフィリエイトをしていません。
広告系も極力省いています。

記事に関係するものしか画像リンクさせていないので、「こういうのがあるんだ~」と関心持った方も、値段の比較も含めて、検索等で、他所も探してみた方が良いと思います。ただ、安くても信頼できるショップさんで購入されるのが安心かと。

このブログだと、今さら説明なくても、アフィリエイト画像って、知ってましたよ~。という読者さんが大半だと思うので。

ついでに、おすすめリンクを貼っておくと(笑)

これが、みつばがよくブログで「好きなの~♪」とブツブツ呟いている、漫画版「魔道祖師」です。
(以前もブログ記事で紹介しています)



タイトル違いますけど。
そして、この漫画は「中国語」です。

ネットで連載されているウェブトゥーン(web漫画)の書籍版。

「陳情令」をご覧になっていて、だいたいの話の流れを知っている方。
「魔道祖師」の原作、日本語翻訳本をお持ちになっている方、読んだ方は、漫画版は、内容が原作にかなり忠実なので、中国語が読めなくても、分かるかと。

みつばは、原作の日本語翻訳版は読んでいないのですが、何となく分かって楽しめました♪
「魔道祖師」好きで、中国語を勉強中という方にも良いかも。

…それでも、台詞、内容を日本語で読みたいという方は、日本語翻訳版の出版が出たら入手するのをおすすめします。

あとは。こちら。




アニメ「魔道祖師」公式設定集!
こちらも中国語版です。

イラスト多し!(こんな感じで)




アニメ「魔道祖師」好きな人は、楽しめそう。


上記。「魔道祖師」関連のネットショップさんは、みつばが複数回利用させていただいています。
取り寄せ輸入物だと配送は遅いですが、対応は良い印象でした。

アジア(中国、韓国など)の人気ドラマ、音楽、小説、漫画、イラスト集。アイドル掲載の雑誌等。
日本では取り扱っているところが少ない、萌えの商品が多数見つかります。

そんなかんじで。

真面目にしていないと書いておいて、今回は、紹介画像リンク多めの記事でした。(笑)

ブログへのご訪問、ありがとうございました。

テーマ:中国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

web拍手 by FC2
みつばの大好きな人(のイメージ)をイラストで。part2


dd-01-1.jpg

こちらのイラストでセットで。

テーマ:華流・台流 - ジャンル:アイドル・芸能

web拍手 by FC2
// ホーム // 次のページ >>