FC2ブログ
管理人★みつば★の好きな小説、ドラマ、映画等の感想やイラスト、小説などの二次創作物がおかれています。
プロフィール

★みつば★

Author:★みつば★
「みつばのたまて箱」にようこそ。
管理人★みつば★です。
記事の中にお好きな物があれば
是非一緒に楽しみましょう♪

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者様♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

只今、絶賛浮気病のみつばです。

というのも、あれだけ騒いでた←みつばだけね。「冷血」に冷めつつあります。

冷血っていうのは、中国ドラマ「少年・四大名捕」のイケメン4人衆のリーダー。

「お昼12時のシンデレラ」のフォン・トン萌えから、冷血萌えだったみつば。

すっかりのぼせていたのですが、ドラマをしっかり見だしてから、
急速に冷静になってきました。

ドラマのアラが突っ込みどころがいっぱいあるとか、
ストーリーやアクションもキャラクターも…。いろいろ…←いろいろ何だ。

でも、日本の時代ドラマ。

毎回同じ時間帯に、悪者をやっつけるとか、
お主も悪よの〜な黒幕とか、なぜか、側近の手下が三下並みの使えない奴とか、
ご都合主義的過ぎる展開とか、
ワンパターンなアクションとかのドラマを録画してみるほど
好きだったみつばには楽しめました。

だから、そのへんは、まあ、いいんです。

ただ、冷血のキャラクターがあそこまで、
酷い男だったとは。
色ボケしてたみつばは、気づかなかったんです。

冷血は、リーダーであり、
真面目で責任感のある寡黙な男。
任務を全うすることに命かけてるような。

だから、最初、捕まれば処刑されるヒロインを
庇う他の仲間たちと違って、つきだそうとしてたのに。

自分がヒロインと恋に落ちたら、
もう他のことは目に入りません。

そういうところも素敵って思えていたんですが、
みつばが許せないところがあったんです。

それは、ずっと仲間であり、自分を一途に慕い、
命を投げ打って何度も助けてくれていた女性をですね。

見捨てたんです。


薬飲まされ、そそのかされて、悪の手先になっていたとしても。

ヒロインと一緒に人質にされて、
悪の黒幕さんに、「どっちを救う?」とか聞かれて、
迷わず、恋人のヒロイン選んだんですよ。

どっちも救うとか言って欲しかったよ。冷血。出来ないことでもね。(涙)


ついね。イヌなら(検事プリンセスのイヌね(笑))って想像しちゃった。

いくらジェニーが裏切ってても、
そこには何か事情があるって信じて助けたはず。

ヒロインの恋人より付き合い長いのに、
本当に女性として関心なかったのね。
それにしても、本当にひどい。

冷血はヒロインと離れてる間、重傷で
死にかけてるのを、ずっと瑶花←冷血をずっと想ってた女性
が助けてたのに。

いくらヒロインだけ愛してたとしても、人として
酷いよー。

…と、一気に冷めた次第。


これを例えるなら。

浮気相手と、ちょっと付き合ったら、
相手の嫌な面を見て、すぐに幻滅して冷めてしまった。

そんな感じなんでしょうか。

一夏の恋って。はー。←違う(笑)


やっぱり、冷血というか、チャン・ハンさんの色気にやられていたんですね。
だって、フォントンは、まだ好きだから♩

近所のレンタルショップで「お昼12時のシンデレラ」が全部借りられていたのも
うなずけます。やっぱり、面白いですもの。

…ちなみに「四大名捕」はその時全部残っていました。(汗)


チャン・ハンさんの色気とヤンヤンさんの美しさに惹かれて
ドラマは見たので後悔ないですけど。



次は、ワン・ソ皇子ですよ♩「麗 」の。←こりんな(笑)

「デュエリスト」でカン・ドンウォンさん演じた悲しい目以来の
一目惚れです♩


イ・ジュンギさん演じるワン・ソ皇子の一挙一動にドキドキですよ。


黒髪、長髪、黒装束に、顔の傷、片面マスク。
冷酷な所業の影で孤独と悲しみに苦しむ眼差し。
ヒロインに惹かれていく自分に気づき戸惑いを隠せない表情。



みつばの好みすぎて、悶えます。

みつば萌ゆる4番目の皇子♩


日本語吹き替え声が、遥かなる〜の、泰明さんだったというのも♩←このあたりはスルーで。



こんな感じで今妄想の花園からも逃走中のみつばですが、
比較的元気です。

入院したのはテレビです。

前回の記事の書き方で誤解された方もいたようですが(汗)
ご心配おかけしました。


「麗」は相方に頼み込んでレコーダーに録画してもらってます。


結末を知っていても、
ワン・ソ皇子をずっと何度も見ていたい。


色ボケしてる間はね♩
スポンサーサイト



テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

web拍手 by FC2
6年間、つきあっている男がいた。
交際3年目頃に遠距離恋愛をよぎなくされて、会える機会が減ってしまったけど、
ずっと一筋に想ってきた。

だけど、最近気になる男が現れた。
顏も性格も全然好みじゃないのに、なぜか惹かれる色気を持っている男。

…私には心に決めた男がいるじゃない。一時の気の迷いよ。

そう思っていたのに。

気になる男が、顔がそっくりの兄弟を紹介してきた。

その男は、好みのタイプそのもので。
逃れようもないほどの強い誘惑。

今度こそ、私は罠の穴に落ちた兎のように狼狽えるしか無かった…。



・・・小説調に書いても、検事プリンセス(イヌ)ファンの読者さんは許してくれないでしょう。
こんにちは。みつばです(汗)


華流ドラマ「お昼12時のシンデレラ」フォン・トンからの~…「四大名捕」チャン・ハンさん演じる「冷血」に一気に堕ちたみつばです。

本当に全然、そんな気無かったんです。

「お昼12時のシンデレラ」だって、CM見て、面白そうだから、いつか見よ♪って、
気持ちだったし。
フォン・トン萌えしていても、もともとのタイプじゃないから。って。
でも、フォン・トン役さんの他のドラマもチェックしてみようかな?って軽い気持ちがまずかった。

同じ役者さんなのに、髪型違うだけで顔の印象が全然違う。

「フォン・トン」はさらさらな髪質で明るめに染めた髪を清潔にカットしてる。
いかにも貴公子って感じ。

「冷血」はちょっと荒い髪質でオールバック。後ろに結んでいるため、りりしい眉毛が出てるせいもあるかも…。いかにも無骨で近寄りがたい武官って感じ。

雰囲気も全然違う。

ドラマ中の服装とか設定は、現代ドラマと時代ドラマの違いはあるけど。

大企業の財閥御曹司社長の「フォン・トン」
ゆっくりと、品のある話し方にたたずまい。
指先一つの動きから、歩き方も優美。

それが、「四大名捕」の「冷血」では、
剣士として、アクション時の優雅な戦い方。
細身だけど、長身に似合う時代物衣装。
気品の中にも逞しさと荒々しさが全身から滲み出ていて。

すごい。役者さんってすごい!って久しぶりに感動。


「冷血」堕ちっていうか、チャン・ハンさん堕ちしてるような勢い(汗)

たまたま、「お昼12時のシンデレラ」も「四大名捕」もみつばの心を鷲づかみにする物語と設定ではあったのですが。

すごく好きだと思った瞬間に、脳内で二次創作を一気に妄想できちゃうことが、非常にまずい現象。

本当は、それは創作家には良い現象なんだけど、やっぱり、すでにブログでプロットをつくっちゃった(「検プリ」「キング」「デュエリスト」)を現実に創作して世に出すことが大事だと思うから、「冷血」の物語は、当分みつばの中にしまっておきます。←当分っていつまで?


今は、「フォン・トン」と「冷血」ってキャラクターが好きなだけなので、チャン・ハンさんのおっかけとかは無いです。

でも、とりあえず、チャン・ハンさん出演の新作ドラマ「夏夢狂詩曲」と映画「女漢子」(「お昼12時のシンデレラ」シャンシャン役さんと再び共演♪)が、もし日本で公開されることがあったら絶対チェックしますよ♪←チャン・ハンさんに完全に堕ちて、おっかけてる発言だから。


なんだかんだ、創造されたキャラでも夢中になれる人がいるって嬉しいです♪
(じゃないと、乙女妄想力も女性ホルモンも枯れるからね(涙))

というわけで、

「みつばのたまて箱」にいらしている「検事プリンセス」&ソ・イヌファンの皆様。

インフルエンザはA、B両方一度にかかることが出来ます。
なので、ソビョン病も、冷血病も一緒に出来るのでご心配なく♪

↑一緒じゃないけど、みつばには病気のような萌え現象なので。


そういっておいて、「四大名捕」のカテゴリつくりました。
主に感想やあらすじ紹介。イラストとか漫画とかになるかも?


「検事プリンセス」イヌ×ヘリの新作書き下ろし短編、もう少々お待ちください♪
…長編と、その他のドラマの小説の続きももう少々お待ちください。(ぺこり)


今回は「浮気」のいいわけ記事でした。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村




テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

web拍手 by FC2
// ホーム //